日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

生物多様性の道プロジェクト

Home 自然を守るしくみをつくる 生物多様性の道プロジェクト ニュース&トピックス 「市民調査全国大会」で 調査活動を発表しませんか !!

生物多様性の道プロジェクト ニュース&トピックス 一覧に戻る

2010.03.01

「市民調査全国大会」で 調査活動を発表しませんか !!

20100301市民調査1.jpgみなさんはセミの抜け殻調査など、市民が調査する自然環境調査(以下、市民調査)に参加したことはありますか?市民調査は、自分自身で地域の自然の豊かさや変化を知ることや、その場に合わせた保全対策をつくることに役立つなど、自然を守る大きな力になります。

この力をもっと大きくしていくために、生物多様性が注目される今年、全国各地で市民調査を行っている人たちが一同に集まる「市民調査全国大会」を7月3~4日、東京で開催します。

全国大会では、次の3つのプログラムを行います。
1 各地の調査の知恵や成果を共有する「発表会」
2 市民調査の意義を再認識する「基調講演」
3 現場の問題を話し合う「分科会」

※7月3日の基調講演、分科会および7月4日の発表会当日の参加申込みは、5月頃を予定しています。

今回は、この「発表会」で調査活動の発表をしていただけるグループ・個人を募集します。現場の活動を発表することで新たなアイディアが生まれ、今後の活動のステップアップにつながります。全国からのご応募お待ちしています!

*募集要項のダウンロードはこちら(313KB/PDF)


20100301市民調査2.jpg市民調査全国大会

■日時   2010年 7月 4日(日) 10~16 時
■場所   国立オリンピック記念青少年総合センター 
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)

参加費 無料(宿泊費、食費、交通費は自己負担)

●発表される方
自然を守ることを目的として、市民調査活動を行っているグループまたは個人の方。
市民調査を主催する行政の方や、CSR活動で市民調査を支援している企業の方も大歓迎。
グループは、企業、自治体、大学など、官/民は問いません。

●発表内容
調査結果から見えてきた地域の特徴や、調査を活かした保全活動、調査方法や調査道具の紹介など、市民調査に関すること
(注意)販売を目的とする発表はできません。また、会場での販売は許可されていません。
事務局で発表内容が不適切と判断した場合は、発表をお断りすることがあります。

●発表方法
・ブース発表 —-    横180cm、縦90cmのパネル、資料を置く机を使用。発表は2時間の予定
・口頭発表 ——– パワーポイントも使用できます。発表は15分の予定

●発表者にしていただくこと
発表内容の共有のため、発表終了後にレポート(A4 2ページ程度)の作成をお願いします。

●申し込み方法
申込用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、2010年5月7日(金)までにお送りください。
申込用紙の郵送を希望される方は、「全国大会申込用紙希望」と明記の上、返信用の封筒(80円切手を貼付)を同封して、下記までお送りください。

申込用紙フォームはこちら (ワード/88KB) (PDF/152KB)

※発表者は、会場の宿泊施設に優先的に予約できます(個室・食事なし:3000円)。
宿泊の申込みは、発表プログラム決定後となります(希望者多数の場合は抽選)。

申し込み・問い合わせ
生物多様性の道プロジェクト 市民調査全国大会事務局
担当:福田真由子
shiminchosa@nacsj.or.jp
※スパムメール対策のため、@を全角にしています。半角に変え送信してください。

生物多様性の道プロジェクト ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する