日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

徳山ダム建設問題と猛禽類生息地保全

Home なくなりそうな自然を守る 徳山ダム建設問題と猛禽類生息地保全 ニュース&トピックス 猛禽類調査資料(情報公開版)とNACS-Jからの添付文書を、水資源開発公団から公開

徳山ダム建設問題と猛禽類生息地保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

1999.12.07

猛禽類調査資料(情報公開版)とNACS-Jからの添付文書を、水資源開発公団から公開


国土庁記者クラブでの記者発表

NACS-Jでは、水資源開発公団が実施した岐阜県の徳山ダム建設予定地周辺の猛禽類調査に関して、公団との協定に基づいてこの約2カ月間、その資料の検討会を4回、作業委員会を5回開くなど、公団の調査資料を検証し、情報公開に必要な形に加工する作業を実施し、同時にNACS-Jの見解をまとめた「添付文書」を作成してきました。これらの成果物を公団に提出し、全資料は12月7日、公団との共同記者会見の場で発表しました。

7日の発表は午前中に岐阜県庁の県政記者クラブで、夜から国土庁と環境庁の記者クラブ合同で実施しました。岐阜県庁での発表は3時間にも及び、各記者からはさまざまな質問が飛び交いました。これはこの問題の注目度が高いことを物語っています。

991207公開資料加工作業.jpg膨大な資料は、自然保護上の観点から情報公開に必要なものとマスキング(一部または全部を非公開とすること)すべきものとに分類しました。

 

 

 

 

991209公開資料.jpg公開された資料の冒頭では、マスキングの趣旨やその区分の根拠などを明記し、全体の資料の中でも、特に営巣地が特定できるような地図に関しては削除するなどの加工が施してあります。また徳山ダムにおける猛禽類調査資料の検証の結果、複数の問題、しかも、対象となったイヌワシとクマタカという2種の大型猛禽
類調査の本質に関わる基本的問題があると判断され、その内容については、添付文書の中で詳しく記載しています。

NACS-Jでは、これらの資料が今後の全国での大型猛禽類の調査に関する審査、及びその生息地の保全に役立つよう最大限活用していきます。

公開された資料は、手続きをとることで公団において閲覧・貸し出しが可能ですが(手続きについてはこちらをご覧ください)、イヌワシやクマタカを保護するためには、資料の取扱には厳重な注意が必要です。

今後この資料をご覧になる方も、猛禽類とその生息地を保全するため、資料の取扱についてはご注意ください。ご協力、よろしくお願いします(資料の取り扱いについてはこちらをご覧ください)。

(森本言也・編集広報部)

 

徳山ダム建設問題と猛禽類生息地保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

あなたの支援が必要です!

×

NACS-J(ナックスジェイ・日本自然保護協会)は、寄付に基づく支援により活動している団体です。

継続寄付

寄付をする
(今回のみ支援)

月々1000円のご支援で、自然保護に関する普及啓発を広げることができます。

寄付する