日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

  • 文字サイズ

海辺・干潟・湿地環境の保全

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る

1998.03.16

日本のおもな干潟の43%が危機的状態

諫早干潟、東京湾三番瀬、藤前干潟などの干潟の埋め立てや消失をもたらす事業が、日本全国で進んでいますが、NACS-Jではこれまで断片的だった情報をとりまとめ、各地の現状を総括し、それぞれの干潟の「日本全体における位置づけ」がわかるようにしました。

各地の干潟を個別の点としてではなく、線でつながったネットワークのようにとらえることが重要です。とくに渡り鳥にとっては、途中の一カ所が消失するとそのネットワークが分断されることを意味します。ぜひ地図を開いて、下表のデータとその位置関係を眺めてください。

NACS-Jでは、この全体像から見た各地の問題点を、今後も強く指摘していきます。

編集広報部・広報担当主任 森本言也


この集計によって判明したこと

 

  • 今までの断片的な複数の資料を重ね合わせたことで、初めて日本の干潟の現状の全体像をつかんだ(この資料は第二次集計の段階)。
  • おもな干潟は、日本に37カ所あった。
  • 環境庁がとくに鳥のために重要だと公表しているのは13カ所あるが、その中で、将来にわたっても確実に残せる形になっているのは、1カ所だけ。そればかりか、その中で危険な状態にあるものが7カ所もある。なぜここを守れるしくみが作れないのだろうか。

  • 現在の開発事業の進行状況などからみて、もっとも危ない状態にあるのが藤前干潟
  • このうち11カ所には、現在環境改変の開発事業がすすんでいる。さらに上記の7カ所を加えると、37カ所中16カ所、すなわち日本のおもな干潟の43%の環境が劣化する。これでよいのか。

 

■全国の主な干潟(河口を含む)の現状

・第二次集計<概要>

(1998.3.16)

No 県名 干潟・河口名 概算面積       改変計画・改変要因があるもの  
宮城県 蒲生干潟 5ha       隣接海岸の港湾整備計画
千葉県 利根川河口       河口堰による堰上部の湖沼化と感潮域の変化
千葉県 盤洲干潟(小櫃川河口) 780ha          
千葉県 谷津干潟 42ha      
千葉県 三番瀬干潟 1200ha   危険 千葉県による新港建設と埋め立て計画(工業団地造成)  
東京都 高洲干潟(三枚洲) 16ha        
神奈川県 多摩川河口 15ha        
神奈川県 相模川河口 5ha       建設省による相模大堰建設計画
愛知県 庄内川河口干潟 55ha          
10 愛知県 汐川干潟 280ha     隣接地にヨットハーバーおよび埋め立て計画(工業用地)
11 愛知県 藤前干潟 250ha   危険 名古屋市による埋め立て計画(ゴミ処分場建設)  
12 愛知県 名古屋港西二区干潟 20ha        
13 三重県 木曽三川河口域 8ha       木曽岬干拓および地盤沈下(地下水の汲み上げ等)
14 岡山県 備讃瀬戸西に点在する干潟群 計167ha       港湾施設建設と土地造成
15 広島県 備後灘に点在する干潟群 計620ha       港湾施設拡張事業
16 山口県 周防灘東部に点在する干潟群 計326ha       護岸工事、埋め立て、浚渫工事
17 徳島県 吉野川河口干潟 500ha   危険 自動車道路の設置計画および第十堰の可動堰化計画  
18 福岡県 博多湾和白干潟 80ha   危険 福岡市による埋め立て(人工島建設)
19 福岡県 曽根干潟 500ha   危険 沖合空港整備計画  
20 福岡県 筑後川河口干潟 1051ha       地盤沈下  
21 佐賀県 筑後川河口干潟 3438ha          
22 佐賀県 嘉瀬川・境川河口干潟 2995ha          
23 佐賀県 塩田川・鹿島川河口干潟 2783ha          
24 長崎県 諌早湾干潟 10000ha   壊滅 農水省の防災干拓事業による閉め切りで3550haが壊滅
25 熊本県 荒尾海岸干潟 4800ha       護岸工事による自然海岸の縮小  
26 熊本県 菊池川河口干潟 1007ha          
27 熊本県 球磨川河口干潟 1094ha          
28 熊本県 八代干潟 837ha   危険 港湾施設拡張計画  
29 大分県 臼杵干潟 180ha       港湾施設拡張計画  
30 沖縄県 塩屋干潟 66ha          
31 沖縄県 沖縄島中城湾干潟 205ha       港湾施設拡張事業
32 沖縄県 石垣島網張干潟 30ha       上流部白水谷におけるダム計画  
33 沖縄県 西表島仲間川河口干潟 32ha          
34 沖縄県 西表島船浦湾干潟 54ha          
35 沖縄県 西表島後良川河口干潟            
36 沖縄県 西表島浦内川河口干潟 37ha          
37 沖縄県 西表島仲良川河口干潟 31ha          
[凡例]
● :ラムサール条約登録湿地(国設鳥獣保護区指定地)
★ :環境庁が公表した「シギ・チドリ類重要渡来地域」掲載地
* :改変事業・改変のおそれのある開発工事が進行中のもの
危険:特に危険な状態にあると考えられるもの
( ):干潟のおよその面積(浅海部を一部含む)[参考とした資料]
・開発計画の進行または環境悪化の恐れがある、日本の主なウェットランド(NACS-J保護部,1992)
・日本の主な干潟 シギ・チドリ渡来地(日本湿地ネットワーク,1997)
・地球を旅する野鳥たち~報告書(日本湿地ネットワーク,1997)
・シギ・チドリ類渡来湿地目録(環境庁,1997)
・第4回自然環境保全基礎調査 海域生物環境調査報告書 第1巻・干潟(環境庁,1997)
・NACS-J会報「自然保護」(1992~1998)

海辺・干潟・湿地環境の保全 ニュース&トピックス 一覧に戻る