日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

日本自然保護協会から遺贈のお願い

支援の方法 遺贈・遺産・生前のご寄付 日本自然保護協会から遺贈のお願い

日本自然保護協会から
遺贈のお願い

近年、生前のまだ元気なうちに、
人生の終い方について考え、
ご自身のエンディングの準備をする方が
多くなってきました。

それにともなって
触れる機会が増えてきたのが、
〝遺贈(いぞう)〟という言葉です。

〝遺贈〟とは、遺志によって、
特定の個人や団体に財産を贈与すること。

人生のエンディングについて
想いを巡らせる時、
ご自身の財産を、
何か社会の役に立つ形で遺したいと
考える方が増えているようです。

先祖から受け継ぎ、
ご自身で築かれた財産は、
何よりもまず相続をされるご家族にとって
かけがえのないものです。

その上で、
財産を何か社会の役に立てたい
という想いを、
遺贈として遺していただければ、
間違いなく救われる
<もの・こと>があります。

日本の自然も、その一つです。

日本には日本に固有の自然があります。
そのかけがえのない豊かさと恵みを、
世代を超えて確実に受け渡していくために、
日本自然保護協会の活動に
理解と共感をいただき
〝遺贈〟をお考えいただければ、
こんなに嬉しいことはありません。

お問い合わせ

公益財団法人日本自然保護協会 
遺贈担当(終活アドバイザー)
TEL:03-3553-4101(代表)/
E-mail:memory@nacsj.or.jp
〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F 
FAX: 03-3553-0139