日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

日本自然保護協会のこと

支援の方法 遺贈・遺産・生前のご寄付 日本自然保護協会のこと

そこにある日本の自然。

日本自然保護協会のこと

日本の自然を想って。

私たち<日本自然保護協会>は、
日本の生物多様性の
保全に取り組むNGOです。

日本初の法人の自然保護団体として、
1951年に産声をあげました。

「自然のちからで、明日をひらく」を
基本理念に、科学的な根拠に基づいた、
中立で、透明性のある
自然保護活動を推進しています。

“しらべる・まもる・ひろめる”を
3本の柱とした独自の取り組みで、
NACS-J(ナックス・ジェイ)の愛称とともに
国際的にも知られています。

その活動を支えるのは、
私たちの取り組みへの
多くの方々の共感と寄付です。
“遺贈”のお願いをするにあたり、
私たちのことを知っていただくために
歴史と活動をご紹介したいと思います。

はじまりは1951年。
尾瀬の湿原を守る活動から。

                         

戦後の復興期。
尾瀬ヶ原に計画されていた
ダムの建設が、
とうとう本格的に
始められようとしていました。
尾瀬の湿原をすっかり
水没させてしまう規模のものです。
尾瀬に固有の自然が
永遠に失われようとしている。
黙って見過ごす訳にはいかない。
各界の知識人や登山家など、
思いを一つに集まった人々は、
1949年、<尾瀬保存期成同盟>を結成し、
ダム建設反対運動を展開します。
日本初の組織的な自然保護運動でした。

1951年。
一定の成果を得た同盟は、
発展的に改組します。
そうして生まれたのが、
日本で最初の自然保護団体である
<日本自然保護協会>です。

日本の自然保護の歴史は、
日本自然保護協会の活動の歴史。
そう言っても、決して過言ではありません。

なくなりそうな自然を守る

一度失われた自然は、二度と取り戻すことはできません。
自然のしくみを無視した開発は、将来への負の遺産となります。
私たちは、科学的な独自の調査に基づいた開発見直しへの働きかけや、
保護地域化の提案などを行い、かけがえのない自然を次の世代に手渡す活動を続けています。
白神山地や屋久島、知床や小笠原の世界自然遺産登録は、
そうした取り組みの大きな成果のひとつです。

  • 沖縄・奄美海域のサンゴ礁生態系、砂浜や干潟などの自然海岸の保全
  • 森や海、川や里山の自然保護問題への意見書提出やシンポジウムの開催
  • 国や自治体への環境法制度の改良提案、施策への提言
  • 国内外の専門家や市民と連携した希少な自然環境の調査、保護のしくみの提案   など

A:利根川源流部にある赤谷の森 B:日本の原風景のひとつである里山 C:世界自然遺産に登録された小笠原諸島 D:沖縄・辺野古でのサンゴ礁生態系調査

日本の絶滅危惧種を守る

今、日本で絶滅の危機にある生き物は約3,600種。
種の絶滅は、生物学的な問題に留まるものではありません。
自然に育まれた文化・歴史の断絶にも関わることです。
生態系のバランスが崩れ、外来種の侵入や拡大につながるケースもあります。
私たちの暮らしの支えである自然。
その豊かさをこれ以上損なわないため、地域の方々とともに、
生息環境の保全活動に取り組んでいます。

  • 群馬県赤谷の森、宮城県南三陸地域でのイヌワシの生息環境の改善
  • 四国のツキノワグマの地域絶滅回避をめざした森林生態系の復元
  • オオルリシジミなど草原性のチョウの生息地保全   など

A:イヌワシ B:アカウミガメ(提供:表浜ネットワーク) C:オオルリシジミ D:ツキノワグマ(撮影:戸谷省吾)

自然で地域を元気にする

高齢化や人口の減少によって、自然とともに育まれてきた知恵や技が失われていく。
そうした地域が日本の各地にあります。
自然保護活動が実を結んで開発計画が中止されても、
その先の未来が描けなければ、安易な開発計画はまた続いてしまいます。
自然のちからで明日をひらくために、
守った自然を地域の活性化につなげる取り組みを進めています。

  • 宮崎県綾町、群馬県みなかみ町をはじめとするユネスコエコパーク登録支援
  • 市民参加による里山の全国調査の推進
  • 自然とともにある地域の暮らしや文化の掘り起こし調査・研究   など

A:自動撮影カメラでの森の生き物調査 B:赤谷の森の秋の恵み C:学生たちによる地域の魅力探し D:里山の自然資源を調べる

自然の守り手を増やす

保護活動によって自然を守ることができた地域には、一つの共通点があります。
自然を楽しみ、自然に親しみ、自然の大切さを知り、
自然の変化にいち早く気付ける人がいる、ということです。
自然観察を通じて自然と人をつなげる人、
日本の自然をしらべる人、自然を活かした地域づくりをする人。
より多くの〝守り手〟とつながり、自然を守る文化のすそ野を広げます。

  • 1978年から続く「自然観察指導員」の養成
  • 自然の見方やしくみを知る研修会・自然観察会・市民講座などの開催
  • 『自然保護』誌の発行、守り手を研鑽・応援するアワードやコンクールの実施
  • 世界的な生物多様性保全の取り組みへの参画、日本の自然保護活動の世界発信   など

A:自然観察指導員の養成講習会 B:私も今日から指導員デビュー C:干潟の生き物観察会 D:次の世代に自然の大切さを伝える

保護プロジェクト担当スタッフの思い

ありふれた景色だからこそ生き物の記録がとられてこなかった場所が、全国に数多くあります。地域の自然の記録を一つ一つ残し、自然の変化を読み解き、それらの記録を“市民の手で守る力”に変えていきたいと思います。(里山モニタリング調査担当)

自然科学的なデータを積み上げただけでは、自然に配慮した地域づくりにつながるとは限りません。私たち一人ひとりが自ら進んで、人と自然とのかかわりに気づいていく行動をおこすことの大切さを日々痛感しています。(森林生態系管理担当)

何かを買い、食べ、選ぶ日々のくらしやあらゆる仕事の隅々に、自然を守る意識が根づいている、そんな文化をもった社会をめざしたいです。(広報・会員連携担当)

お問い合わせ

公益財団法人日本自然保護協会 
遺贈担当(終活アドバイザー)
TEL:03-3553-4101(代表)/
E-mail:memory@nacsj.or.jp
〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F 
FAX: 03-3553-0139