日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 葛西臨海公園と藤前干潟で「親と子の自然教室」を開催。たくさんの干潟博士が誕生しました。

2017.11.24(2017.11.24 更新)

葛西臨海公園と藤前干潟で「親と子の自然教室」を開催。たくさんの干潟博士が誕生しました。

株式会社カインズ、花王株式会社

対象:お客様ファミリー子ども

貢献:自然の守り手拡大SDGs愛知ターゲット

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、NACS-Jの活動を支えてくださっている株式会社カインズ(以下、カインズ)と花王株式会社(以下、花王)とともに「夏休み思い出つくろう!親と子の自然教室。海の生き物を見つけて“干潟博士”になろう!」イベントを葛西臨海公園と藤前干潟で実施しました。本イベントは、カインズと花王、NACS-Jの共同企画「水でつながる自然と暮らし 体験&体感キャンペーン」のA賞として実施、抽選に当たった親子21名が参加してくれました。


NACS-Jは、葛西臨海公園(東京都江戸川区)と藤前干潟(愛知県名古屋市)を舞台に「親と子の自然教室」を開催しました。

 

 

葛西臨海公園も藤前干潟も、大都市のなかでとても貴重な干潟が広がっています。今回のイベントでは、講師から干潟の自然のことを学び、実際に干潟に繰り出して、自然観察を通して干潟博士を目指しました。講師は、NACS-Jの自然観察指導員です。

 

▲干潟の自然に詳しい自然観察指導員の説明に耳を傾けます。

 

▲カニの雄と雌の見分け方を教えてもらっています。

 

▲教えてもらったポイントを思い出しながら、カニの雌雄を見分けます。真剣です!

 

 

みんなで観察した干潟の生き物たちの振り返りです。色も形も似ているけれど種類が違うカニや貝のお話など、みんな初めて知ることばかり。参加してくださった親子はみんなしっかりと干潟の自然のことを学んでくれました。

 

 

子どもたちには干潟博士認定証の授与式です。みんな笑顔があふれていました。参加者からは、「なかなかできない体験ができて、本当に楽しかったです。来年もまた応募します!」など、嬉しい感想をたくさんいただきました。参加してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。


※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

支援の方法はこちらから

 

■お問い合わせ■
自然のちから推進室 担当:岩橋、三好
TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp