日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 表浜海岸でウミガメをテーマに「夏休み親子で自然を学ぼう!」イベントを開催しました。

2017.11.20(2017.11.20 更新)

表浜海岸でウミガメをテーマに「夏休み親子で自然を学ぼう!」イベントを開催しました。

株式会社カインズ、花王株式会社

対象:お客様ファミリー子ども

貢献:自然の守り手拡大SDGs愛知ターゲット

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、NACS-Jの活動を支えてくださっている株式会社カインズ(以下、カインズ)と花王株式会社(以下、花王)とともに「夏休み親子で自然を学ぼう!」イベントを表浜海岸で実施しました。本イベントは、カインズと花王、NACS-Jの共同企画「水でつながる自然と暮らし 体験&体感キャンペーン」のS賞として実施、抽選に当たった親子15名が参加してくれました。


NACS-Jは、NACS-Jの活動地のひとつ表浜海岸(愛知県 渥美半島)を舞台に「夏休み親子で自然を学ぼう!」イベントを実施しました。

 

 

表浜海岸は、NACS-JがNPO法人表浜ネットワーク(以下、表浜ネットワーク)と連携して、自然豊かな砂浜を守る活動に力をいれている場所です。絶滅危惧種にも指定されているアカウミガメの産卵場所としても重要な海岸で、今回のイベントはウミガメをテーマに行いました。

 

 

遠くは福島県から参加してくれた親子も無事に到着し、さっそくウミガメについて学びます。表浜ネットワーク代表の田中雄二さんを講師に、ウミガメの生態や砂浜の大切さを学び、子どもたちも熱心に聞いてくれていました。

 

 

そして、ウミガメが産卵する表浜海岸をトレッキング。砂浜に打ち上げられたものを観察したり、大きな砂山を駆け上ったりしながら、豊かな砂浜を全身で体感しました。

夜はお待ちかねのウミガメの観察会に出かけます。ウミガメを驚かさないようにできる限りライトはつけず(ライトには赤セロファンをはりつけます。カメラのフラッシュもNGです。)、真っ暗な砂浜を歩きながらまずはウミガメの足跡(タートルトラック)を探します。これまで真っ暗な砂浜を歩いたことのない子どもたちは、恐る恐る歩きつつも興味津々。残念ながらウミガメを観ることはできませんでしたが、ウミガメが砂浜にやってきた証である足跡(タートルトラック)はいくつか見つけることができました。

 

 

翌朝早朝、元気の残っている参加者のみ、朝の砂浜に繰り出して再びウミガメの観察会へ!!  2日間で合計10キロ以上砂浜を歩きました。しかし、今回のイベントでは、結局ウミガメには出合えませんでした。相手は「自然」なので人間の思い通りにはいきません。これが自然です。

 

▲見つけることができたウミガメの足跡(タートルトラック)。行く手を人工物に遮られてしまっていることがわかります。

 

残念ながらウミガメには出合うことができなかった2日間でしたが、参加者の皆様はとても満足してくださったようで嬉しい感想をたくさんいただきました。ご参加いただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

参加者の感想(一部)

●アカウミガメの産卵は見られなかったですが、タートルトラックはいくつか見ることができてよかったです。普通の旅行では体験させることのできないことができました。スタッフの方もとても親切に対応をしてくださり、2日間楽しく過ごすことができました。

●なかなかできる体験ではないので、とても良かったです。浜辺にうちあげられたゴミや貝など、子どもも初めて見て色々感じたみたいです。ウミガメには合えませんでしたが、歩いた跡など見ることができてよかったです。学校の絵日記もしっかり書いてくれそうです。今後もこのような機会を増やしていただけると嬉しいです。

●2日間お世話になりました。ウミガメが見られなかったのは残念でしたが、とても楽しめた時間を過ごさせてもらいました。食事もおいしかったです!! ありがとうございました。また、ステキなイベントを企画してください。

 


※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。

支援の方法はこちらから

 

■お問い合わせ■
自然のちから推進室 担当:岩橋、三好
TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp