日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

企業連携

Home 企業連携 記事一覧 雨上がりの富山の自然を満喫! 「自然を学ぼう!春の親子自然体験ツアー」を開催しました。

2017.06.08(2017.06.23 更新)

雨上がりの富山の自然を満喫! 「自然を学ぼう!春の親子自然体験ツアー」を開催しました。

タカノホーム株式会社

対象:一般市民お客様ファミリー

貢献:自然を活かした地域づくり自然の守り手拡大SDGs愛知ターゲット

自然観察会を通じて自然とふれあう楽しみや価値を伝えることに力を注ぐ、公益財団法人日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、富山県富山市にて「自然を学ぼう!春の親子自然体験ツアー」を開催しました。このイベントは、人と環境にやさしい家づくりをめざして自然素材の家を提供しているタカノホーム株式会社との初めての連携イベントです。

NACS-Jは5月13日(土)、「自然を学ぼう!春の親子自然体験ツアー」を開催しました。当日は朝から雨の降るあいにくのお天気でしたが、イベント開催直前、雨が小降りに!!あきらめかけていた富山県自然博物園ねいの里での自然観察会を短縮バージョンでおこないました。

雨上がりのねいの里、しっとりとした自然の香りが漂います。五感をフル活用してサンショウ、クロモジ、ヨモギ・・・さまざまな植物の葉っぱのにおいをかぎ分けてみたり、小さな池でオタマジャクシやゲンゴロウの仲間、ヤゴの抜け殻などを観察しました。

 

雨のため、観察できた範囲はそう広くはなかったのですが、こんなに狭い範囲でも自然のことをたくさん学べるんだ!と、ご参加いただいた皆さまには大変よろこんでいただけました。

観察会のあとは、木の香りあふれるタカノホームのプレカット工場でカスタネットワークショップです。紙芝居のお話を聞いて、木を使うことの大切さや、木にもいろいろな種類があることを学び、サクラ、クリ、ブナ、ミズキの木からうまれたカスタネットに色付けをしました。

隣のお友達と木の種類によってちがうカスタネットの音色を聞き比べたり、木目を比べたり・・・木の違いを感じながら、世界にひとつ、自分だけのカスタネットを作り上げていました。

カスタネットへの色付けが終わると、「でーたぞ、でたぞ♪」の掛け声にあわせて、カスタネットをたたきながら、森で危険に遭遇した時の対処方法を学ぶリズム遊びをおこないました。

「でーたぞ、でたぞ♪」「マムシ!」・・・ジャンプ!!子ども達は森の危険の対処方法をリズムにのって楽しみながら、しっかり学んでいました。

最後はおいしいお弁当をいただきながら、家づくりにも活用されているスギやヒノキについてのお話です。実際に家づくりに活用されている木が自然の中でどのように育っているのかなど、皆さまは熱心に聞いてくださいました。

雨で一時はどうなるかとハラハラした今回のイベントですが、プログラムの変更はあったものの、野外に出ることもできて、皆さまには大変喜んでいただけました。できなかった火起こし体験などのリベンジを願う声などもあがり、次回の開催を待ち遠しく思います。

今回ご参加いただきました皆さま、タカノホーム株式会社の皆さま、ねいの里の皆さま、本当にどうもありがとうございました!
※ 今回ご協力いただいた皆さまのwebサイトです。

・タカノホーム株式会社
http://takanohome.com/

・富山県自然博物園ねいの里
http://www.toyamap.or.jp/shizen/

※日本自然保護協会の活動は皆様からの会費やご寄付で支えられています。日本自然保護協会の活動にご支援をよろしくお願いいたします。
https://www.nacsj.or.jp/support/

公益財団法人 日本自然保護協会
自然のちから推進室 担当:大野、三好
TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp