日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

職員募集

職員募集

くらしを支える自然を守る仕事とは

日本の暮らしの豊かさの基盤である生物多様性の損失は、生物種の損失だけでなく、地域の文化や自然資源の喪失に直結し、安全安心な暮らしの基盤を揺るがす事態を招きます。

日本自然保護協会は、「くらしを支える日本の自然の豊かさを守り、その価値を広め、自然とともにある社会をつくること」を使命とし、日本で最も長い自然保護NGOとして活動しています。

自然が相手の活動は、成果が目に見えるまでに長い時間がかかります。
くらしを支える自然のかけがえのない価値を、あらゆる立場の人々に伝え、ともに未来へ豊かな自然を引き継いでいくためには、一人ひとりが協力しあえる社会を変えていくことに情熱を燃やし続け、多くの方々の信頼を得て、地道な交渉や、創造的な提案で社会を切り開く力が必要です。

日本自然保護協会で働くということは、自然や自然保護に関する知識・技術だけでなく、さまざまな立場の方々を説得し事態を変える力、人々の関心を引きつけるセンスや意欲など、さまざまな能力が求められます。

  • どうやったら困難な事態が変わるか?
  • 誰を、どう説得したら協力が得られるのか?
  • 何について説得力をもてば、納得してもらえるか?
  • 自分たちの主張を客観的に裏づける根拠をどうやって見つけ出し、集めるか?
  • それらをどう多くの人々に伝えるか?
  • どうやって公平・公正な活動へ人々の支持や活動資金を得るか?
  • ──これらのことについて、答えやマニュアルが用意されているわけではなく、知恵を出し合って一から考え創り出せた時、はじめて自然保護の実現に一歩近づくことができるのです。

    下記の採用情報に、応募中の採用がありました場合は、ぜひご自身の自然保護への情熱と発揮できるスキルを見出し、ぜひご応募ください。

    スタッフ一同、持てる力を存分に発揮し、明るく未来を変えていく情熱のある方々と、ともに活動できることを楽しみにしています。

     

    採用情報

    • 自然保護による新たな社会価値の構築に挑戦するフルタイム契約職員を募集しています。詳しくは下記をご覧ください。

    新しく創り上げる自然保護活動や事業の企画・運営業務 職員募集


    関係規定など