日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

モニタリングサイト1000里地調査

Home 主な活動 自然の守り手を増やす モニタリングサイト1000里地調査 お知らせ ノウサギやホタルの全国的な減少が明らかに ~生物多様性指標レポート2015概要~

2016.09.14(2017.06.15 更新)

ノウサギやホタルの全国的な減少が明らかに ~生物多様性指標レポート2015概要~

お知らせ

これまでの全国調査の結果をまとめた報告書「生物多様性指標レポート2015」が公表されました。約90万件の調査データからは、身近な生き物であるノウサギが全国的に減少していることが明らかとなりました。また、チョウの種類数やゲンジボタル・ヘイケボタルの個体数も全国的に減少傾向にあることや、その一方でアライグマやガビチョウなどの外来生物や、イノシシ・ニホンジカ・カモシカなどの大型哺乳類が、分布を拡大していることが明らかとなりました。
詳しくは下記をご覧ください

レポートPDFと調査結果の概要説明はこちら