活動報告|生物多様性の道プロジェクト|ふれあい調査/ワークショップ

HOME > 参加型プロジェクト > 生物多様性の道プロジェクト:TOP > ふれあいマップ/ワークショップ 活動報告 > 2012年2月4日(土) 生物多様性地域戦略づくりのシンポジウム
「みんなでつくる生物多様性地域戦略 ~暮らしと自然の未来像」を開催します。

生物多様性の道プロジェクト|ふれあい調査/ワークショップ

参加募集
更新日:2011.12.14
2012年2月4日(土) 生物多様性地域戦略づくりのシンポジウム
「みんなでつくる生物多様性地域戦略 ~暮らしと自然の未来像」を開催します。

うちの地域は生物多様性地域戦略をつくっているだろうか? 地域戦略で残された自然環境を守っていきたい、地域の活性化のために地域戦略を活かしたい・・・地域の中で、市民と自治体がともに実行力のある地域戦略をつくるにはどうしたらよいのか、先行して策定している地域からの体験談を交えながら、策定への道のり、課題、解決策を話し合います。

(2012.2.3) Ustreamでインターネット中継を予定しています。
       番組名 nacsjonair

(2012.1.27)定員を上回る参加申し込みをいただきましたことから、受付を終了させていただきました。
なお、参加申し込みが確定されている方の中で万一御都合が悪くなりました場合には、お一人でも多くの方がご参加いただけますよう、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。

シンポジウム「みんなでつくる生物多様性地域戦略 ~暮らしと自然の未来像」 PDFチラシ


シンポジウム
みんなでつくる生物多様性地域戦略 ~暮らしと自然の未来像


生物多様性基本法の制定(2008年)にともなって、全国各地で進む「生物多様性地域戦略」づくり。生物多様性が着実に守られ、暮らしを支える基盤となるのは、地域の力と市民の力です。
地域が輝く未来像を描き、地域にかかわるすべての人々の行動を促す、戦略づくりにはどんな鍵があるのか、各地のもっとも先進的な事例の話題提供から、この分野を代表する専門家とともに語り合います。シンポジウム資料として、「生物多様性地域戦略ガイドブック」、会報『自然保護』2012.1/2月号(特集・地域が輝く生物多様性戦略づくり)をご提供し、進めていきます。


■県・市、有識者、市民が一堂に

プログラムには県・市の生物多様性担当者から有識者、地域で活動している市民の方までパネリストとしてお呼びしております。
多様な視点から生物多様性地域戦略の必要性・実用性をディスカッションを通してわかりやすく解説していきます。長年にわたり市民・企業・自治体と協働し、環境保全に取りくんできた当協会だからこそ提供できる内容です。
  
生物多様性地域戦略の策定にお困りの方は、ぜひこの機会にシンポジウムを通して生物多様性地域戦略への理解を深めると共に問題の解決方法を見つけてくださることを願っております。

■開催要項

日 時:2012年2月4日(土)10:00~17:00
場 所:フクラシア浜松町 AB会議室(定員120名)
(東京都港区浜松町1-22-5 浜松町センタービル6階)    ※アクセスマップはこちら
アクセス:都営大江戸線「大門」駅 B1出口から徒歩2分
JR山手線「浜松町」駅から徒歩2分 東京モノレール「浜松町」駅から徒歩2分

※昨年末のご案内から会場を変更させていただきました。

主  催:公益財団法人日本自然保護協会    後  援:環境省

※このシンポジウムは、造園CPD、緑化・環境CPD、環境アセスCPDの認定プログラムです。

参加費:無料

定員:120名(先着順)

※定員に達しましたので、お申込みを〆切ました。
               
申込方法:下記項目をメール(waytob@nacsj.or.jp)かファクス(03-3553-0139)でお送りください。
①件名「地域戦略シンポジウム」 ②お名前 ③ご職業または活動団体名


■プログラム(予定)
10:00~10:10 主催挨拶・趣旨説明
10:10~10:15 挨拶:環境省自然環境局長・渡邉綱男
10:15~10:45 基調講演:「今、なぜ生物多様性地域戦略か」
          亀山 章 (東京農工大学名誉教授、日本自然保護協会専務理事)

10:45~12:15 話題提供:地域戦略の策定プロセスと市民参加
中村俊彦 (千葉県自然保護課生物多様性センター・県立中央博物館)
 「『ちば戦略』の策定プロセスとタウンミーティング」
河野耕三 (宮崎 綾町企画財政課)
 「綾ユネスコエコパーク登録の取組みと地域戦略」
鎌田磨人 (生物多様性とくしま会議・徳島大学教授)
 「市民団体と研究者によるワークショップと提案づくり」
佐野郷美 (千葉 市川緑の市民フォーラム)
 「市民活動の蓄積から回廊構想の政策提言の実現」


13:30~14:45 パネルディスカッション①地域戦略の策定の経験から学ぶ
進行:土屋俊幸 (東京農工大学教授)
パネリスト:
話題提供者の方々、窪田達央 (長野県自然保護課)、乙幡千枝実 (千代田区環境安全部参事)

15:05~16:50 パネルディスカッション②地域戦略のつくり方と関係者の役割
パネリスト: 
中静 透 (東北大学大学院教授)
 「生態系サービスへの地域戦略の役割」
長谷川雅美 (東邦大学教授)
 「市民調査と専門家の役割」
奥田直久 (環境省生物多様性地球戦略企画室長)
 「地域戦略づくりに向けた国の施策」
藤田 卓 (日本自然保護協会・保護プロジェクト部)
 「『生物多様性地域戦略ガイドブック』の紹介」
進行:道家哲平 (日本自然保護協会・保全研究部)

*この事業は平成23年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて実施しています。



PAGETOP