活動報告|IUCN日本委員会

HOME > 活動紹介 > IUCN日本委員会 > 活動報告 > 【解説】ウナギ、マグロに続き、スッポンが絶滅危惧種に

IUCN日本委員会

解説
更新日:2016.07.04
【解説】ウナギ、マグロに続き、スッポンが絶滅危惧種に

2016年6月30日、IUCNレッドリストは今年最初の更新を行いました。

IUCN本部のウェブサイトの技術的トラブルなども重なり、プレスリリースはなされていません。

 
そこで、IUCN日本委員会の事務局をもつ日本自然保護協会が調べたところ、サメエイ類、琉球諸島の固有種、植物のカンアオイの仲間など数多くの日本の生物種が、IUCNレッドリストで改めて絶滅危惧種に指定されたことが分かりました。
 
中には、スッポン、イタチなど聞きなれた動物が絶滅危惧種・準絶滅危惧種に指定されるなど、身近な自然環境の危機に警鐘を鳴らすような結果となっています。
 
IUCNレッドリスト2016.1ウェブサイトで、日本に生息生育する動植物で、2016年に絶滅危惧種・準絶滅危惧種と評価(既存の評価種の再評価含む)された種=48種を調べました。
 
 
※ 48種の一覧はこちら→2016hyouka_ichiran_redlist.pdf(81KB)
 
※ 各カテゴリーの意味については、IUCN日本委員会のウェブサイトをご覧ください。http://www.iucn.jp/species/redlistcategory.html
 

 
ニホンスッポンPelodiscus sinensis)は、今回新たに評価がなされ、絶滅危惧Ⅱ類に指定されました。今回の評価は野生下で生息するニホンスッポンの生息状況を元に判断されています。日本の生息状況だけではなく、中国、台湾、ベトナムなどの生息状況も考慮した判断です。
 
nihonsuppon_yabetakashi.jpg
▲ニホンスッポン(Pelodiscus sinensis)撮影:矢部隆
 
 
 
ニホンイタチMustela itatsi)は、軽度懸念から準絶滅危惧種に危機ランクが上げられました。3世代で25%近い減少が推測され、今後のその減少傾向が続くことが予測されています。西日本低地部の生息環境の消失や、特定外来種であるチョウセンイタチとの生息環境の競合などの問題が指摘されています。都道府県レベルのレッドリストで準絶滅危惧種として指定されていますが、環境省レッドデータブックではまだ指定されていません。
 
itachi_nacsj.JPG
▲ニホンイタチ(Mustela itatsi)撮影:日本自然保護協会
 
 
 
サメ・エイ類は、過去に一斉評価がなされた時期があり、今回は再評価の種が多いのですが、タイワンイトマキエイ(Mobula tarapacana)が情報不足種(DD)から絶滅危惧Ⅱ類に、オグロオトメエイ(Himantura fai)が軽度懸念から絶滅危惧Ⅱ類に危機ランクが上げられました。
 
 
琉球諸島の固有種では、ミナミイシガメ(Mauremys mutica。絶滅危惧1B類)、アマミスミレ(Viola amamiana。絶滅危惧1A類)などが、IUCNレッドリストで新たに絶滅危惧種として指定されました。中には、セマルハコガメ(Cuora flavomarginata)のように絶滅危惧Ⅱ類から1B類に危機ランクが上げられた生物もいます。
 
semaruhakogame_nacsj.JPG
▲セマルハコガメ(Cuora flavomarginata)撮影:日本自然保護協会
 
 
asatokannaoi_okuyamayudai.jpg
▲アサトカンアオイ(Asarum tabatanum)新規評価、絶滅危惧ⅠA類。 撮影:奥山雄大
 
 
 
fujinokannaoi_okuyamayudai.jpg
▲フジノカンアオイ(Asarum fudsinoi)新規評価、絶滅危惧Ⅱ類。 撮影:奥山雄大
 
 
 
miyabikannaoi_okuyamayudai.jpg
▲ミヤビカンアオイ(Asarum celsum)新規評価、絶滅危惧ⅠB類。 撮影:奥山雄大
 
 
 
 
この度改定されたIUCNのレッドリスト(2016.1)では、世界の既知種1,735,022種のうちの82,845種の絶滅リスクを評価し、およそ3割にあたる23,892種が絶滅危惧種と判断しています。
 
3割が絶滅危惧種というのもショックですが、絶滅の危険性がほぼないという評価の「軽度懸念」種は39,108種で評価した種全体の47%、すなわち半分に満たないということも、大変ショッキングな結果です。
 
 
「このまま地球上で問題なく存続していける種が半分もない」という今の私達の社会は、健全な状況とは言えません。日本自然保護協会では、絶滅危惧種の保全とともに、自然を活かした地域づくり、自然の守り手育成を基幹事業にすえ、着実な取り組みを進めていきます。
 

 
日本自然保護協会は、絶滅危惧種の保全に取り組んでいます!
絶滅危惧種を少しでも絶滅から救うため、みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。
 

里山のタカ、サシバを密猟から守る

 
 

木を植えない森づくりで森の王者イヌワシを守る

 
 

沖縄・辺野古に残されたジュゴンを守る

 
 
 

【参考】

日本自然保護協会がこれまで出してきた絶滅危惧種についての記事や、「3分でわかるレッドリスト」の動画などを掲載しています。
 
【解説】絶滅危惧種、レッドリストとは?
 
 

日本自然保護協会
(NACS‐J)

〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101(代表)
FAX:03-3553-0139


PAGETOP