活動報告|IUCN日本委員会

HOME > 活動紹介 > IUCN日本委員会 > 活動報告 > アンマン・レポート 7 速報 やんばる・ジュゴンの勧告案、採択される(2000.10.10)

IUCN日本委員会

報告
更新日:2000.10.10
アンマン・レポート 7 速報 やんばる・ジュゴンの勧告案、採択される(2000.10.10)
レポート:NACS-J常務理事・吉田正人
やんばる・ジュゴン生息地に関する勧告本文
(NACS-Jによる仮訳)


「沖縄島およびその周辺のジュゴン(Dugong, Dugong dugon)、ノグチゲラ(Okinawa Woodpecker, Sapheopipo noguchii)、ヤンバルクイナ(Okinawa Rail, Galliralus okinawae)の保全」
(CNV004およびCVN005を統合した勧告)


ジュゴン(Dugong, Dugong dugon)は、世界的にみて絶滅のおそれのある種であり(危急種VU A1cd, IUCN 2000)、日本では(1970年以降)過去30年間に、沖縄島沿岸部でしか記録されていないことから、沖縄島周辺の地域個体群もまた絶滅を危惧されている(絶滅危惧種CR D1またはCR C2b,日本哺乳類学会 1997)。またジュゴンがアメリカの「種の保存法」(US Endangered Species Act)にリストされた種であることに注目し、

さらに、ジュゴンが年間を通じた生息は現在沖縄島中北部の東海岸でのみ確認され、この地域が沖縄のジュゴンの保全にきわめて重要であることを示しており、この孤立した生息地の面積は小さく、また生息するジュゴンの数も少ないことに注目し、

米国海兵隊の軍事空港建設候補地(現普天間飛行場の移設地として)として、ジュゴン生息域の中央部および隣接する陸域が挙げられていることを理解し、

この空港がこの地域に建設された場合、ジュゴンの重要な休息と採食の場である辺野古沿岸域のサンゴ礁および海草藻場が破壊される危険があり、この小さな地域個体群の生存に重大な脅威を与える可能性があることを懸念し、

最近の日本政府が、ジュゴンの個体群が生存のために必要なサンゴ礁や海草藻場を含む陸と沿岸の生息域に対して建設計画が与える影響を評価するために、自主的な環境影響アセスメントの実施を決定したことを支持し、

沖縄島北部の山原(やんばる)の亜熱帯林は、ノグチゲラ(Okinawa Woodpecker, Sapheopipo noguchii)(危機的絶滅危惧種CR, IUCN 2000)、ヤンバルクイナ(Okinawa Rail, Galliralus okinawae)(絶滅危惧種EN, IUCN 2000)をはじめとする、国際的に注目されている多くの固有種・固有亜種の生息地であり、生物多様性の保全にとって非常に重要な地域であることに注目し、

山原(やんばる)におけるこれらの固有種・固有亜種の多くが、ダム建設、林道建設、森林伐採、移入種の侵入などによる生息環境の悪化のため、その生存を脅かされていることを懸念し、

米軍演習場(米国海兵隊密林戦闘訓練センター)が、民間人の開発行為や立ち入りが禁止されているため野生生物の避難所の役割を果たしてきたことに注目し、

米軍演習場の半分が近い将来日本に返還される決定がなされ、日本政府がこの地域を森林生態系保護地域および国立公園に指定する可能性があることを歓迎し、

米国海兵隊の管轄下に残される地域における、軍用機のための7カ所のヘリパッドとそれらを結ぶ道路の建設が、残された最も重要な自然林における、固有種の生息地の破壊をもたらす危険があることに懸念し、

さらに、この地域で頻繁に行われる軍事訓練が、ノグチゲラやヤンバルクイナなどの希少種の生息を撹乱し、絶滅のおそれを高めることを懸念し、

世界自然保護会議は、その第2回会議(ヨルダン国アンマンにて、2000年10月4-11日開催)において、

1. 日本国政府に対し、以下のとおり要請する;

a) ジュゴンの生息域やその周辺における軍事施設に関する自発的な環境影響アセスメントを、可能な限り早期に完遂すること、

b) ジュゴン個体群のさらなる減少を阻止し、その回復に役立つジュゴン保全対策を、可能な限り早急に実施すること、

c) 山原(やんばる)の生物多様性および絶滅を危惧されている種、またジュゴンの地域個体群の保全計画を可能な限り早急に作成し、これらの種と生息地の詳細な調査を行うこと、

d) 山原(やんばる)を世界自然遺産候補地として推薦することを検討すること。


2. 米国政府に対し、日本政府の要望があれば、自主的な環境影響アセスメントに協力することを要請する。


3. 日米両国政府に対し、以下のとおり要請する;

a) 自主的な環境影響アセスメントの結果に基づいて、ジュゴン個体群の存続を確実にするため適切な対策を講じること、

b) 上記1(c)で言及した調査に基づき、軍事施設建設案および演習計画案の環境への影響を評価し、ノグチゲラおよびヤンバルクイナの生存を確実にするため適切な対策を講じること。



スポンサー:
   (財)世界自然保護基金日本委員会(WWF Japan)
   (財)日本自然保護協会(NACS-J)
   (財)日本野鳥の会(WBSJ)
   日本雁を保護する会(JAWGP)
   野生動物救護獣医師会(WRV)
   エルザ自然保護の会

 


やんばる・ジュゴン生息地に関する勧告本文

 

CGR2.CNV004xCNV005Rev 1
Conservation of Dugong (Dugong dugon), Okinawa Woodpecker (Sapheopipo noguchii ) and Okinawa Rail (Gallirallus okinawae) in and around the Okinawa Island


NOTING that Dugong(Dugong dugon) is a globally threatened species (VU A1 cd, IUCN 2000) and a local population around Okinawa Island is also Endangered (CR Dl or CR C2b, The Mammalogical Society of Japan 1997) , for they have been recorded in Japan only along the coast of Okinawa Island in the past 30 years (since the year 1970) and the Dugong is listed under the US Endangered Species Act;

NOTING FURTHER that year round presence of Dugongs has been currently confirmed only on the east coasts of middle and northern parts of the Okinawa Island, indicating great importance of the region for conservation of Okinawa Dugongs, and this isolated habitat is small in area and the number of Dugong in this habitat is also small;

UNDERSTANDING that options for a military airport for the US Marine Corps include a central part of the Dugong's habitat or an adjacent terrestrial area (a relocation site for the current Futenma Airport);

CONCERNED that if the construction of this airport is to be implemented in this area, it risks to destroy coral reefs and seagrass beds in the coastal area of Henoko, which are important resting and feeding area for Dugong, and may pose grave threats to the survival of the small local population;

ENDORSING the recent decision of the Japanese government to undertake voluntarily an Environmental Impact Assessment to determine the likely impact of construction to terrestrial and coastal habitats, including coral reefs and the seagrass beds on which the Dugong population depends for its survival;

NOTING that subtropical forests of the Yambaru, northern Okinawa Island, contain many endemic species and subspecies of international concern, such as Okinawa Woodpecker (Sapheopipo noguchii )(Critically Endangered, IUCN 2000) and Okinawa Rail (Gallirallus okinawae)(Endangered, IUCN 2000), and therefore it is a particularly important area for conservation of the biodiversity;

CONCERNED that the survival of many of these endemic species and subspecies in the Yambaru is threatened by dam construction, road construction for forestry, felling for timber and invasion by introduced species, all of which lead to deterioration of the habitat;

NOTING that a US military training site (US Marine Corps Jungle Warfare Training Centre) where development or entry by civilians is banned has acted as a wildlife refuge;

WELCOMING the decision that half of the US military training site will be returned to Japan in the near future and that there is a possibility of the Government of Japan designating this area as a Forest Ecosystems Protection Area and National Park;

CONCERNED that construction of seven helipads for military aircraft and connecting roads in the area remaining under US Marine Corps control risks deterioration of habitats of endemic species in the most important remaining natural forest area;

FURTHER CONCERNED that frequent military training in the area will cause disturbance to rare species such as the Okinawa Woodpecker and Okinawa Rail and increase their probability of extinction;

The World Conservation Congress at its 2nd Session in Amman, Jordan, 4-11 October 2000:


1. URGES the Government of Japan:

a) to complete as soon as possible the voluntary Environmental Impact Assessment on the construction of the military facilities in and around the habitat of the Dugong;

b) to implement as soon as possible Dugong conservation measures that will help stop further reduction of the population and help its recovery;

c) to prepare as soon as possible a conservation plan for the biodiversity and endangered species of the Yambaru and the local Dugong population, and conduct detailed studies of these species and their habitats;

d) to consider nomination of the Yambaru as a World Heritage Site;


2. URGES the Government of the United States of America to cooperate on the voluntary Environmental impact Assessment, as requested by the Government of Japan;


3. URGES the Governments of Japan and the United States of America:

a) to take into account the findings of the voluntary Environmental impact Assessment and on this basis take appropriate measures to help ensure the Dugong population;

b) to assess the environmental effects of the proposed construction of military facilities and training plans, taking into account the studies referred to in subpara 1(c), and on this basis take appropriate measures to help ensure the survival of the Okinawa Woodpecker and Okinawa Rail.

IUCN日本委員会

日本自然保護協会
(NACS‐J)

〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10
ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101(代表)
FAX:03-3553-0139


PAGETOP