現場の知識と実行力で、日本の自然を守る

日本自然保護協会(NACS-J) 日本は豊かな自然に恵まれ、生物多様性に満ちた国でした。 自然を守りたい… 自然のしくみを尊重する社会でありたい… あなたの思いを政策に反映させる、それが私たちの役目です。

NEWS

今年の夏は、「砂浜ビンゴ」で     海の健康診断をしよう!

2015.07.01
 夏休みの自由研究にも最適!!       「自然しらべ2015 砂浜ビンゴ」

日本は小さな島国ですが、海岸線は堂々の世界第6位! 世界有数の“海岸線大国”です。
海岸線の自然は他国にはない重要な財産なはずですが、ずいぶんと改変させてきています。そうした海の自然の実態を知りたくても、海の自然の実態は意外にわかっていません。
だからみんなでしらべてみましょう。きっと今の日本の砂浜の現状が見えてきます。

今月の注目の活動
辺野古の海の生物多様性を伝えるシンポジウムを開催(9/13・東京)
辺野古・大浦湾とは、いったいどんな場所なのか。なぜ、辺野古の海を埋め立てることが問題なのか。この海域を10年以上調査をしてきた当会が、自然保護にフォーカスしてこの計画がもたらす意味をみなさんと一緒に考えます。
平成27年度 日本自然保護大賞エントリー募集開始!
7月1日〜9月30日

自然保護と生物多様性保全に貢献した、子どもから大人までのすべての個人と団体、企業、自治体の優れた取り組みを顕彰します。
応募部門は6つ。応募部門や応募方法など詳しくはコチラから
「自然観察路コンクール」応募締め切りは9/30まで!
『わたしの自然観察路コンクール』は、子どもたちが自然の面白さを発見し、自然観察路を自分でつくり、絵地図と文章にして発信する コンクールです。 観察ではたくさんの不思議が見つかります。今年もぜひドシドシご応募ください!募集要項はこちらから。

綾の照葉樹林プロジェクト10周年記念フォーラム(9/5・宮崎)

〜綾の森が歩んだ10年、これからの10年〜

会報フォトコンテスト 締め切り間近!(〜8/31)

あなたの写真が会報『自然保護』誌の表紙に! テーマは、日本国内の野生動植物、自然を感じる風景や文化。

中池見湿地・北陸新幹線問題シンポジウム(10/12・東京)

「ラムサール条約湿地の守り方最前線〜中池見湿地・北陸新幹線問題からの発信〜」を開催します。

安保法案に対する自然保護の立場から反対する緊急声明

最大の自然破壊をもたらす戦争につながると考えられる安全保障関連法案には、断じて反対である

会報『自然保護』9・10月号 特集:辺野古・大浦湾 生きものたちの物語

会報 15年9・10月号 NACS-J★活動クローズアップ目次

会報に掲載しているNACS-Jの活動報告の詳細はこちらから。

辺野古埋立用土砂採取予定地、奄美大島の潜水調査実施

奄美沿岸部の潜水調査とフォーラム「奄美の海山を守り、沖縄に連帯する」で辺野古と奄美の自然の関係を講演

NACS-J 市民カレッジ シリーズ23   9 / 9(水)、9 /12(土)

「初心者のための ネイチャーフォト講座」9日は座学、12日は日比谷公園での実習です。

中池見湿地にかかる北陸新幹線の認可ルート変更!

北陸新幹線ルートの変更が5月8日付けで公表されました。これに対し日本自然保護協会はコメントを発表。

『わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト』開始♪ \ さぁ、自然を感じる毎日へ /

あなたが自然の中で見つけた"「わぉ!」"をフェイスブックに投稿しよう!(NACS-J×ソニーの協働プロジェクト)


日本自然保護協会の活動をご支援ください
PAGETOP