現場の知識と実行力で、日本の自然を守る

日本自然保護協会(NACS-J) 日本は豊かな自然に恵まれ、生物多様性に満ちた国でした。 自然を守りたい… 自然のしくみを尊重する社会でありたい… あなたの思いを政策に反映させる、それが私たちの役目です。

NEWS

絶滅危惧種イヌワシの保護のためのご支援をお願いします。

2016.03.31
〜イヌワシの舞う日本の森を未来へ〜 

日本の森の豊かさと生物多様性を象徴するイヌワシ。今、日本に生息するイヌワシは全国でおよそ500羽といわれていますが、この25年間の間に全つがいの約3割が消失してしまいました。生息環境の悪化が止まらず、絶滅の危機が迫っています。日本自然保護協会は2014年からイヌワシの絶滅の危機を回避するためのプロジェクトを進めています。
イヌワシの舞う日本の森を未来へ引き継ぐために、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

今月の注目の活動
会報『自然保護』2016年5・6月号(No.551) 特集:海を越えるサシバ保護活動

春になると南から繁殖地の日本に渡ってくるタカ、サシバ。日本では里やまの自然の中で暮らし、里やまの豊かさを示す指標種ともされています。近年、生息数が減少し絶滅が危惧されているサシバ保護のために、日本各地、そして海を越えて東南アジア各国で取り組む活動をご紹介します。
【ご支援のお願い】沖縄・辺野古のジュゴンを守ろう!

今、ジュゴンの暮らす海の環境は大きく変えられようとしています。ジュゴンが暮らし続けられる海の中の環境を守るために、市民の力で餌場となる海草(うみくさ)藻場に潜水し、ジュゴンが海草を食べた跡を調べジュゴンが使っている場所がどこなのか、公正で科学的な評価を世界中にアピールし、安心してジュゴンが生活できる環境を維持しなくてはなりません。
2016年度の自然観察指導員講習会の日程が決定!

東京(6/4〜5)、島根(6/25〜26)、三重(9/3〜4)、栃木(9/24〜25)・・・
2016年度年も各地で講習会を開催します。ぜひお近くの回にご参加ください!
6月の東京開催会の申し込みは、4/19〜5/9。

自然しらべ2016「海辺で花しらべ!」

ぜひご協力ください!

第1回「わぉ!な生きものフォトコンテスト」

8点の受賞作品が決まりました!

2016年 新宿御苑ネイチュア・フィーリング自然観察会

参加者&リーダー大募集!

中池見湿地のシンポジウムの報告レポートが完成!

「ラムサール条約湿地の守り方最前線 〜中池見湿地・北陸新幹線問題からの発信〜」(10/12)のレポート

【沖縄】普天間飛行場代替施設建設事業の強行に対し抗議

辺野古の生物多様性豊かな自然環境の保全と安全な暮らしを守る

国際自然保護連合(IUCN)レッドリストの改訂を発表

アユモドキなど日本で生息地環境が脅かされている生き物がリストアップ

日本自然保護大賞の受賞者が決定

自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体の優れた取り組みを顕彰

会報 16年5・6月号 NACS-J★活動クローズアップ目次

会報に掲載しているNACS-Jの活動報告の詳細はこちらから。

『わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト』開始♪ 

日本自然保護協会×ソニーの協働プロジェクト

リニア中央新幹線事業認可に対する緊急声明

日本自然保護協会は、認可の即時撤回を求めます。


日本自然保護協会の活動をご支援ください
寄付をする
法人の方へ
オリジナルショップ
日本自然観察指導員
  • 日本自然保護大賞
  • AKAYA PROJECT

日本自然保護協会(NACS‐J)

〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4101(代表)
FAX:03-3553-0139

PAGETOP