日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然を知りたい

自然の事をもっと知りたい方へ

「自然のことをもっとよく知りたい!」という方には、「自然をしらべる」活動がお勧めです。

生き物や自然環境を記録し、それを繰り返したり他地域と比べたりすることで、自分の地域の特徴を知ることができます。
NACS-Jでは、子どもでも取り組めるものや観察会の延長でできるもの、全国で100年調査を目指すものなど、さまざまなプロジェクトを実施していますので、ぜひ参加しましょう。

 

自然しらべ

難易度:★

毎年「セミ」「チョウ」「川」などのテーマを設け、全国の一般の方と実施します。わかりやすい調査マニュアルがあるので、初心者でも気軽に実施できます。

自然しらべはこちら

 

里モニ

難易度:★★

モグラ、ミミズ、カエルといった、里山の生き物のしらべ方を紹介しています。調査結果の記録用紙もダウンロードでき、いつでもどなたでも始められます。

里モニ特別サイトはこちら

 

モニタリングサイト1000里地調査

難易度:★★★

里山の生物多様性の変化を把握するために全国規模で調査をしています。定期的に調査地を募集しており、各種調査マニュアルの配布や調査方法を伝える講習会を開催しています。

モニタリングサイト1000里地調査はこちら

 

人と自然のふれあい調査

難易度:★★

人の暮らしと自然の関係性を調べる調査です。
五感を通じた自然とのふれあいのまとめ方や、専門家と一緒に進める方法などを紹介しています。
地域おこしやエコツアー・行政計画にも活用できます。

人と自然のふれあい調査はこちら