日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然観察指導員

Home 自然観察指導員 講習会 第527回自然観察指導員講習会 「こどもの瞳かがやく「自然のみかた」講習会」

2018.01.31(2018.02.05 更新)

第527回自然観察指導員講習会 「こどもの瞳かがやく「自然のみかた」講習会」

講習会

「子どもたちに豊かな自然体験をさせたい」「子どもに自然のすばらしさや大切さをもっと伝えたい」そう強く想いながらも、自分には知識が足りないのでは、原生的な自然に連れていくには荷が重そう、と先入観を持たれている方は多いのではないでしょうか?

この講習会は、そういった方の願いを確実にかなえる講習会です。生態系の仕組みや生き物同士のつながり・営みをしっかり学ぶとともに、原生自然ではない「身近な自然」の中で、今どきの子供たちにそれをどう伝え関心を引き出すかの具体的なコツや心構えを身につけます。また、同じ想いをもった参加者や、各地で既に自然活動を行っている方々との交流を深めます。

身近な自然が急速に失われ、自然と接する機会が乏しくなっている時代だからこそ、皆さん自身に子どもたちが自然と向き合う際の適切なガイド役・伴走者になって欲しい。そして、自然の価値を伝え、豊かな自然を次の世代へとバトンをつなぐ担い手になって欲しい。

今回の講習会は日本自然保護協会が40年間続けている「自然観察指導員講習会」の内容を、子どもへの自然体験教育という視点から再編して初めて開講するスペシャルな回です。講師にはこれまで教師・博物館学芸員・NPOスタッフとして多様な子どもたちに接してきた方をお招きします。是非この機会を逃さず受講ください。

 

【開催概要】

開催日 ①平日3日+日曜コース
・3月14日(水)、15日(木)、22日(木)、25日(日)の4日間
・平日の日中の時間を中心にした連続講座形式です。
・25日は託児サービスがあります。

②土日コース
・3月24日(土)、25日(日)の日帰り2日間
・両日とも託児サービスがあります。
・6歳以上の子は自然観察会に参加できます。

開催地 成美教育文化会館(東京都 東久留米市)
対象 子どもの育児・教育に関わっている方(お父さんお母さん、保育士・先生や、子どもの環境教育プログラムにたずさわる方など)
参加費 20,000円(NACS-J会員は15,000円)
応募方法 詳細要項・申し込みページ からお申し込みください。

 

■カリキュラム■

カリキュラム全体として、講義よりも体験・実践を重視したカリキュラムとなっています。

●野外実習の内容

・ 身近な森での自然観察会に参加し、自然のしくみや生きもののつながりを、知識ではなく、実体験を通じて理解することの大切さを学ぶ。
・ 子どもたちの個性に寄り添い、気づきを促し、感動を共有するための心構えと具体的なノウハウを身に着ける。
・ 自然にはどんなしくみや人との関わりがあるかを学び、それを体験型で伝えられる力を磨く
・ 実際に受講生が観察会を企画し、子どもたちを対象に実践してみる。

 

●室内講義の内容

・ 子どもにとっての自然体験の重要性と、自然かんさつの役割
・ 身近な自然の中での子どもの野外活動におけるリスクマネジメント
・ 自然を守ることの意義と、子どもたち・私たちの暮らしとの関わり
・ 生物多様性の保全や生態系サービスに関する基礎的な知識

 

■講師紹介■

一寸木 肇(平日コース講師)

NACS-J自然観察指導員講習会講師/大井町教育委員会 おおい自然園園長/元 小学校教員

小さい頃から物を拾ったり集めたりするのが好きで、そんな自分の相手をしてくれた先生に憧れて小学校教師となる。それ以来、教師として、自然観察指導員として、自然体験を通じた子どもの教育に携わっている。大井町のおおい自然園園長として、子どもや町民と自然をつなぐパイプ役として活躍中。

星野由美子(土日コース講師)

NACS-J自然観察指導員講習会講師/島根県立三瓶自然館/島根県自然観察指導員連絡協議会

子どもの頃の週末は山で山菜、きのこ採り、下校中にツクシやフキを摘んで食卓に・・・という原体験が、今の自分を育ててくれました。自分も娘の子育てをやってみて、親や周辺の大人が子どもの意識に与える影響の大きさにびっくり!虫が苦手な子どもと楽しむ自然観察も模索中です。

佐野 由輝(土日コース講師)

NACS-J自然観察指導員講習会講師/(国研)森林研究・整備機構/自然観察ちば/NPO法人イクメンクラブ/NPO法人グリーンパパプロジェクト

大学時代に小学生や体の不自由な方たちとの自然体験活動を通じて、自然の素晴らしさを子どもたちに伝える活動に関わるようになる。それ以来、父親としての経験も活かして、自然をフィールドとした子育て活動に携わっている。

高川晋一

日本自然保護協会 職員、農学博士

小さい頃は毎日のように母親と山や田んぼで遊んで育った。自然からはたくさんの事を学び育てられたからこそ子どもの自然体験への思い入れが強い。現在、3歳と6歳の子の子育て中。

 

参加のお申し込みはこちら