自然しらべの最近のブログ記事

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

  生物多様性保全室の萩原です。

 

 

鳥取県の自然観察指導員連絡会のみなさんが、2016年の自然しらべ「海辺で花しらべ」の調査をきっかけに、海岸植物を詳細に調査して、その結果を鳥取生物学会で発表されました。

自然観察指導員は、いろいろな自然分野で活躍され、また自然に精通されている方も多く、日頃から自然観察会を開催するとともに、地域の自然のようすや変化を見続けています。

今回、県内の海岸植物について今まで知られていなかった、重要な知見が得られたことから、2016年12月18日に開催された鳥取生物学会で、清末幸久さん(鳥取県立博物館学芸員、鳥取県自然観察指導員連絡会会長、自然観察指導員講習会講師)が、その成果を発表されました。

連絡会の会員のみなさんと集めてくださったデータは詳細なもので、絶滅危惧種(RDB)のリストに掲載されているスナビキソウやナミキソウ、ハマナス、ハマベノギクなどのようすから、外来種でのオニハマダイコンの分布拡大情報など、県内のようすや日本全体の海岸植物が置かれている状況を知ることができる貴重な発表となりました。
 
 
20170113shirabe1.jpg

 

写真:鳥取生物学会で発表さている清末幸久さんと発表資料。

 

こんにちは。日本自然保護協会の学生インターンの山岸です。

自然しらべでは、日本中から様々な海岸植物の写真を送っていただいています。

私が海岸植物の写真を見ていて好きになった一つ、マンテマという植物について今回は紹介したいと思います。

 

yamagishi-Internship.jpg

▲NACS-Jでインターン活動中の山岸さん

 

マンテマは、外側が白、内側が赤の5つの花びらがある植物で図鑑 「カラー 海辺の花(山と渓谷社)」亘理俊次(解説)によると、日本では本州・四国・九州といった比較的に日本では暖かい気候の海岸に分布しているそうです。

今回の自然しらべでは、山口県や千葉県などからの情報をお寄せいただいています。私も機会がありましたら実際に見てみたいです。

 

自然しらべでは、2016年5月~9月末までに撮影してくださった海岸植物の写真を募集しています。まだデータをお送りいただいていないという方がいらっしゃいましたら、まだまだ間に合いますので、写真をお送りください。よろしくお願いします。

 

自然しらべ2016 海辺で花しらべ!投稿フォーム
https://www.nacsj.or.jp/form-sys/ss2016/

20161006shirabe.jpg

写真:自然しらべにお寄せいただいたマンテマ(千葉県)

 

 

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

  生物多様性保全室の萩原です。

 

5月1日、ハマヒルガオが美しく咲いている時期に始まった今年の自然しらべ。4か月間の調査期間が終わりました。自然しらべのマニュアル片手に、参加者の皆さまは、海岸植物をいっぱいしらべてくださいました。有難うございました!

北は北海道から、南は沖縄県まで、全国各地からお寄せいただく美しい海岸植物の写真を眺めていると、多様な環境にいろいろな海岸植物があり、日本の海辺の美しさやその素晴らしさを感じることができました。有難うございます。

NACS-J事務局では、これからデータの集計に入り、学術協力者の先生にご指導をいただきながら、解析していきます。

まだお手元に、2016年5月1日~9月30日迄に撮影していただいた海岸植物のお写真やデータがありましたら、ぜひ!下記のサイトかメールでお送りください。
大変貴重なデータとしてまとめて、発表していきます。

 

自然しらべ2016 海辺で花しらべ!特設サイト

http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

自然しらべデータ投稿フォーム

https://www.nacsj.or.jp/form-sys/ss2016/

 

図:8月末までにNACS-Jにお送りいただいたデータの調査ポイント。

 

20161003shirabe.jpg

 

 

写真:鹿児島県奄美大島で9月25日に行った砂浜教室で見つけた海岸植物

 

20161003-1shirabe.jpg

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

  

 生物多様性保全室の萩原です。

 

「人生に出会いと感動を」をコンセプトにお洒落なダイビングライフを提案している『月刊ダイバー』。
 
創刊35年の歴史あるスクーバダイビング専門誌で、今年自然しらべに誌面協賛をしてくださり、お知らせを4号連続で掲載していただきました。
 
『月刊ダイバー誌では、過去にもダイバーの関心が高い沖縄県辺野古の埋立の問題点などを詳しく記事にして誌面に掲載していただくなど、ダイバーの皆さまに、各種の自然保護の情報をお届けいただいており、広く情報の共有を図ってくださっています。
 
9月号から、新しい表紙とスタイルになり、とっても注目度が上がっています。当会の海を愛するダイバーの職員をはじめ、いままでダイビング雑誌を手に取ることがなかった陸上オンリーの職員までが、とっても記事を読んで楽しんでいました。 

 

月刊ダイバー

https://www.diver-online.com/category/monthly/

 

20160910-1shirabe.jpg

写真右:月刊ダイバー誌の記事に注目している職員の高木(左)と法政大学からの学生インターンの山岸さん(右)

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

   

生物多様性保全室の萩原です。

 

NACS-Jの自然しらべ。今年は「海辺の花しらべ!」をテーマに実施しています。

毎年夏に行っているものなので、「夏休みの自由研究」にぴったり。

7月に神奈川県三浦半島で開催した、読売KODOMO新聞・読者対象の砂浜教室に参加してくださった方から、「夏休みの自由研究にしました!」とか、地域の展覧会で入賞しました!といううれしいご報告をいただきました。

実際に観察した海岸植物を扱った研究なので、どれも説得力があります。自由な発想や、オリジナルに深めた研究が展開されていて力作ぞろいの自由研究に、「自然しらべ」がきっかけになったこと、スタッフ一同、とても感激しています!

    shiabe20160929.jpg

 

 

写真上:入賞された野田市の張替さんと作品

写真下:壁新聞にまとめられた中島さんの作品

※個人情報保護のため、お名前部分は画像を加工しています。

 

 

★砂浜の写真を送ってください!

「自然しらべ」のしらべる期間は、9月末まで。情報は、まだまだお待ちしています。

海岸植物のお写真があればぜひ。また、なにげなく撮った砂浜での写真に海岸植物が写っていませんか? 植物がない砂浜というのも重要な情報です。この夏、砂浜で撮った写真があれば、ぜひお送りください!

お待ちしています。

写真の送り先はこちら 「自然しらべ特設サイト」
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

 

 

 

こんにちは。私は東京都のECO-TOPプログラムを利用してNACS-Jにインターンシップに来ている法政大学文学部地理学科2年の山岸遼一郎です。

 ECO-TOPプログラムでは生態系や自然環境の保全活動について学ぶプログラムで、日本自然保護協会では、「自然しらべ2016」のテーマである海岸植物について学んでいます。

普段の大学生活では、海岸植物について私の周りで普段語られることはほとんどなく、授業等の学ぶ場でも山や草原といった場所での植生が題としてあがることがあっても海岸植物についてはほとんど語られることはありませんでした。

その為、今回の機会に初めて海岸の植生について学ぶことになり、普段見ていないところにも驚くような発見や学ぶ場があることを知りました。普段見ていないところは遊びに行ったりする場所だけではなく、住んでいる場所の近くや活動している学校等といった普段活動しているけど細かくは見ない場所でも何か見つけられるものはあるのではということに気付かされました。

 「自然しらべ2016」では日本中の様々な場所から海岸植物の写真が送られてきています。私はその情報を元に少しでも多くの人に興味を持っていただけるように活動していこうと思います。

 

自然しらべ2016 海辺で花しらべ!特設サイト

http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

20160901shirabe.jpg

 

写真上:全国からお寄せいただいた「自然しらべ」のデータを集計している山岸さん。
    とっても熱心にデータを見ながら集計しています。
写真下:砂浜教室でスタッフをしてくださっている様子。

海岸植物の情報をお待ちしています!

| トラックバック(0)

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像

 生物多様性保全室の萩原です。

 

 

自然しらべ2016がはじまって以来、北は北海道から、南は沖縄県西表島まで、日本各地で海岸植物を観察して、たくさんの写真を送っていただいています。ありがとうございます。

5月に自然しらべがスタートした時期は、美しく咲く「ハマヒルガオ」の写真を多くお寄せいただいていましたが、次第に種類が変わり、今はハマゴウやウンランなどに種類が移ってきています。

参加者の皆さまから送っていただいた貴重なお写真や情報は、学術協力者の先生にご指導をいただきながら職員やインターン手て集計しています。

集まった情報は、日本の海岸や海岸植物の様子を知る大切な記録となります。

締切まで、まだ2週間あります。ぜひ、皆さんも海辺に出かけて、海岸植物をしらべてみてください。きっと素敵な出会いがありますよ!

20160815shirabe1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真:全国からお寄せいただいた情報を、みんなで拝見しているところ。

いろいろな植物や海辺の風景とともに、参加してみての感想もあり、

各地の砂浜の情報が伝わってきます。

 

 

秋田の砂浜で、海辺の花しらべ!

| トラックバック(0)

icon_shimura.jpg自然保護部の志村です。

秋田に出張に行った際、帰りの新幹線までのすきま時間に、海辺の花しらべをしてきました。

 

地図でみると、秋田駅から真西に進めば砂浜がありそうです。バスで移動し、防砂林になっている松林を抜けると、砂浜に到着。さっそくハマナスの赤い大きな実が迎えてくれました。

2016-09-02_hamanasu.jpg

 

さらに進むと、花、咲いていました!

ハマニガナです。タンポポに似ていますが、砂浜に適応した海辺の植物です。

2016-09-02_hamanigana.jpg

 

花ではありませんが、白い綿毛に覆われたシロヨモギや、赤い実がかわいいハマボッスなど、いろんな植物がつぎつぎと見つかりました。

2016-09-02_shiroyomogi.jpg

砂浜に咲く花!! のようですが、じつはハマニガナの紅葉です。自然のアートですね。葉っぱをつなぐ茎と根っこは、砂の中に広がっています。

2016-09-02_hamanigana-2.jpg

ここの海岸は、いろいろな植物がみられるのですが、そこは松林と護岸とテトラポットの間。砂浜は長く延びているし、波の音はするのですが、海には近づけない、そんな砂浜でした。

ようやく、渚のある砂浜が見えた! 砂丘もあるぞ!…と思ったら、その向こうには風力発電と離岸堤が。

うーん。砂浜はつらいよ!

 

2016-09-02_akita-mukouhama.jpg

 

夏の海辺もいいですが、海水浴の人がいなくなったこれからの砂浜は、暑さもやわらぎゆっくり散歩をたのしめます。そして、秋の花が咲き始めたり、実をつけたり紅葉したりと、砂浜の植物もおもしろい季節です。今年、まだ「自然しらべ」に参加していなかったという皆さま、まだまだ間に合います。秋には秋の花たちが待っています。

ぜひ、秋の砂浜にお出かけください!

 

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

生物多様性保全室の萩原です

 

 

 

海辺に海水浴に出かけると、海岸植物を見かける機会も多いはず。

今年の夏休みは、そんな海岸植物を使って、夏休みの自由研究をしてみませんか。

NACS-Jでは、海岸植物をテーマにした自由研究を応援するワークシートをつくりました。

 

自然しらべ2016海辺の花しらべ! 夏休み自由研究大作戦!

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/ss/2016/08/post-14.html

20160805shirabe1.jpg

自由研究のすすめかたや、まとめかたのヒントが満載です。

ワークシートにそって海岸植物をしらべていけば、オリジナルの自由研究がまとまります。

 
 
 

海岸植物クイズもあります。

自由研究よりもう少し気軽な、「クイズ」も用意しました。
夏休みに、親子で砂浜で海岸植物を観察しながらクイズに正解すれば、
「海岸植物こども博士」になれる認定証もプリントアウトできます。
 
 
ワークシートやクイズシートを手に、海辺に出かけて、素敵な思い出作りをしてみてください!
 
 
 
shirabe2016 0808.jpg

自然しらべ2016 海辺の花しらべ!
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

損保ジャパンCSOラーニング制度でNACS-Jでインターンをしている

東邦大学3年、佐川裕次郎です。

 

7/24に「自然しらべ海辺で花しらべ!」の砂浜教室で、神奈川県の三浦半島の三戸浜海岸へスタッフとして出かけてきました。

中田康隆さん(東京大学大学院博士課程)を講師にお迎えして、読売KODOMO新聞の7/7の海岸植物の記事を読んだ15名の親子を参加者に実施しました。

 

海水浴客を横目に砂浜に繁茂する海岸植物に目を向けた参加者は、10種類を超える、たくさんの海岸植物を見ることができました。

また太陽光によって高温になる砂浜でも、陸側から流れてくる地下水と、海水が砂浜の地中に染み込んで湿っていることを、地下に深く伸びた海岸植物の根を観察することで実感しました。

 

海岸植物は、潮風などの影響に耐えるため、葉に毛を生やしたり表面を粗くするといった砂浜独特な形態を持つことなどを、参加者の方と共有できたことは大事だと思いました。 

普段は海水浴を目的として砂浜にやってくるので、海岸植物の存在に気が付かないことがほとんどだと思います。ですが、日頃は見落としていた存在が、実は砂浜の環境を維持していく上で重要な存在であるということをお伝えすることができた、砂浜教室がそんな観察の機会となったように感じました。

 

*ハマゴウや、ネコノシタなどは、いまが見頃。自然しらべにぜひご参加ください!

自然しらべ2016海辺の花しらべ!特設サイトはこちら
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

 

写真:講師をしてくださった中田康隆さん(右から3人目)。青い花がみごとなハマゴウは、小さいけれど木の仲間。カラカラの暑い砂浜に生えていますが、伸びた根の先は、しっかりと湿った砂に届いていました!

20160727 shirabe.jpg

20160727shirabe2.jpg

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25

Twitter