赤谷カレッジ2016 開催しました!

| トラックバック(0)

エコシステムマネジメント室の松井です。

 

8/19~22に赤谷で大学生スタッフが中心となって企画を行った3泊4日の合宿型イベント、赤谷カレッジ2016を実施しました。

今回のイベントは、赤谷の森や取り組みを知ってもらうこと、自然を感じて好きになり、広められる人になってもらうこと、広く環境問題を考えるきっかけにしてもらうことを目標に開催。

関東圏や長野から大学生たちが集まり、学生スタッフ・参加者合わせて20名ほどであったため、1日目が終わるころにはスタッフ、参加者とも仲良くなり、アットホームなイベントとなりました。

 

akakare_all.JPG

集合写真

2日目のフィールドワークは残念ながら天気に恵まれませんでしたが、イヌワシの試験地と植生試験地の2つのコースに分かれ、現地を視察、赤谷プロジェクトの取り組みについて実際に見て知っていただきました。

 

akakare_katsura.JPG

植生試験地コース

 

 

akare_inuwashi.JPG

イヌワシ試験地コース

3日目は、赤谷や赤谷プロジェクトにもっと人を集めるには?

ということをテーマに企画を実施、チームごとに発表していただきました。

様々な意見を出していただきました。

 

・地元の観光施設(たくみの里等)と赤谷プロジェクトの試験地の見学をセットにしたパッケージツアーの実施

・地元大学生・高校生と連携、イベントの開催

・大学生が木彫りのイヌワシやテンにおみくじを持たせたグッズを作成、販売し、売り上げの一部を大学生が現地に行くための資金にする。

・山への慣れ方に差があるので、難易度別の現地ツアーの開催 etc

いくつかアイデアの種もいただいたので、ぜひ検討したいと思います。

akakare_3.JPG

新しいアイデアの発表

 

全日程を通し、夜には参加者同士が語らう場面も。

3日目の夜はみんな一室に集まり、親交を深めていました。

 

 

akakare_night.JPG

参加者同士の交流

 

今回のイベントは、主に大学生同士の口コミでの参加者が多かったため、ほとんどNACS-Jのことを知らない参加者がほとんどでしたが、こうしたイベントを経て、会員になってくださった方も多く、また、同じようなイベントのスタッフを行いたい!と積極的な意見もいただきました。

せっかくできた今回の流れ、今回の経験を経て、参加者・スタッフが次にどのような動きをつくっていってくれるかに期待しつつ、NACS-Jとしても大学生を対象とした取り組みを検討していきたいと思います。

ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。

icon_hagiwara.jpgのサムネール画像のサムネール画像

生物多様性保全室の萩原です

 

 

 

海辺に海水浴に出かけると、海岸植物を見かける機会も多いはず。

今年の夏休みは、そんな海岸植物を使って、夏休みの自由研究をしてみませんか。

NACS-Jでは、海岸植物をテーマにした自由研究を応援するワークシートをつくりました。

 

自然しらべ2016海辺の花しらべ! 夏休み自由研究大作戦!

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/ss/2016/08/post-14.html

20160805shirabe1.jpg

自由研究のすすめかたや、まとめかたのヒントが満載です。

ワークシートにそって海岸植物をしらべていけば、オリジナルの自由研究がまとまります。

 
 
 

海岸植物クイズもあります。

自由研究よりもう少し気軽な、「クイズ」も用意しました。
夏休みに、親子で砂浜で海岸植物を観察しながらクイズに正解すれば、
「海岸植物こども博士」になれる認定証もプリントアウトできます。
 
 
ワークシートやクイズシートを手に、海辺に出かけて、素敵な思い出作りをしてみてください!
 
 
 
shirabe2016 0808.jpg

自然しらべ2016 海辺の花しらべ!
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

icon_dejima.jpg生物多様性保全室の出島です。

MSANRIKU_160721_01.jpg

 日本自然保護協会は、イヌワシの舞う日本の森を未来へ引き継ぐために、宮城県南三陸地域で活動をはじめています。南三陸地域では、日本のイヌワシ研究の創成期である昭和30年代から、貴重な観察記録が資料として残されています。しかし、それらの資料は発行部数が少なく既に絶版になっていることに加えて、2011年の津波によって流されてしまったものも少なくありません。
 そのため、今回、それらの資料の中でも特にイヌワシの生態と生息環境について詳細に記録されていた冊子を、その執筆者である立花繁信先生にご了解を頂き、100部複製しました。複製した資料は、立花先生とともに長年南三陸地域でイヌワシのモニタリングを続けてこられた南三陸ワシタカ研究会に寄贈させて頂きました。
*右写真:立花先生(中央)と南三陸ワシタカ研究会の鈴木卓也さん(左)、NACS-Jの出島(右)
 
 南三陸地域では、近年、イヌワシのつがいが次々に消失しています。今後、複製した資料をもとに、様々な関係者にご協力を頂きながらイヌワシの繁殖成功率が高かった頃の生息環境を復元する取り組みを開始します。この取り組みの重要なパートナーである株式会社佐久さんは、イヌワシの生息場所に100haを越える森林を所有されており、この夏からスギ人工林等(約12ha)において間伐を開始しています。現在は、間伐ですが、イヌワシの狩場環境を意識しながら作業が実施されています。今後、森林計画を改定する平成30年以降は、赤谷プロジェクトで試験的に実施しているような、イヌワシの狩場環境を意識した数haの皆伐も実施することを予定しています。
 引き続き、イヌワシの舞う日本の森を未来へ引き継ぐ取り組みへのご支援をよろしくお願いいたします。
 

MSANRIKU_160721_02.jpg
間伐がはじまったイヌワシの生息場所にある民有林のスギ人工林。所有する(株)佐久さんは、今年、森林認証(FSC)も取得した。

MSANRIKU_160721_03.jpg
イヌワシ生息場所でのセンサーカメラ調査も行われている。

 

icon_syumiya.jpg エコシステムマネジメント室の朱宮です。 
 
前編に続き、
23日は大台ヶ原に上がり、環境省が主催する東大台ヶ原での自然再生のガイドウォークに参加しました。
 
 
20160721oodaigahara5.jpg
横田岳人先生(龍谷大)による解説
 
 
大台のトウヒ林がなぜ衰退してしまったのか?
 
横田先生の解説によると、亜高山帯針葉樹林は1500~1700m付近に紀伊半島では成立する。トウヒは様々な理由で更新できない状況が続いている。
トウヒの下層はコケ層だった。1959年伊勢湾台風により、倒木が多く発生し、ミヤコザサが優占するようになった。また、その前年にミヤコザサは一斉開花し種子生産をしており、更新しやすい状況であった。その結果、コケ層だった下層はミヤコザサに一斉に置き換わった。
また、当時は拡大造林施策が続いており、標高の高いとこころまで伐採進み、ミヤコザサ帯は高標高域にまで拡大した。さらに、尾鷲の火力発電所の煤煙がトウヒを弱らせていたとする説もある。酸性雨の影響なども懸念されていたが、防鹿柵の設置の比較などにより、その影響が少ないことは確認された。温暖化の影響もトウヒ林が更新しにくい理由の一つになっている。下部の植生だったシラビソ、ウラジロモミの定着がよくなっている。
とのことです。大台が原の植生が変わったのは、シカだけが原因ではないようです。
 
 
20160721oodaigahara6.jpg
環境省が13年前に設置した防鹿柵 下層にはミヤコザサが優占し更新しにくい状況が続いている。
 
 
20160721oodaigahara7.jpg
大台ヶ原のシカ 10年前は1平方キロメートルあたり40頭であったが、国や県が協力して予算を計上し、銃やわなによる徹底した駆除により、現在は5頭程度にまで減少しているとのこと。今回の視察でも遭遇したのはわずかでした。ただし、麓の地区では、近年シカによる食害に本当に困っているようです。
 
 
20160721oodaigahara8.jpg
大台ヶ原の麓 柏木地区にて。 畑を完全に囲わないとサル、イノシシ、シカにより野菜の収穫ができない。
 
 
20160721oodaigahara9.jpg
西大台ヶ原への立ち入りのための事前レクチャー、入域するためには上北山商工会に申請書と入山料1000円を支払い、事前レクチャーを受けてからでないと入ることができない。
 
 
 
20160721oodaigahara10.jpg
西大台ヶ原利用調整地区入り口
ボランティアコーディネーターが見回りや監視を行っています。私も、周回路回った際には、2回、立ち入り許可書の確認を求められました。
 
 
20160721oodaigahara11.jpg
西大台ヶ原の開拓跡周辺のようす
 
環境省のレンジャーの方に聞いたところ西大台利用調整地区は、平成18年5000人、平成19年9月の調整開始前は飛び込み効果で約10000人となりましたが、調整開始後は平成20年1000人位でした。しかし、平成25年現在は約3000人となっており、調整前の状況に近づきつつあるとのこと。これは、子供料金設定、当日受付など運用を変えていること、周知が進んできたことによるそうです。
 
5月と10月がピークで800人/月くらい。大阪、奈良から多いが東京、神奈川からも来ているそうです。当初は、知らなかった人が大台ヶ原に来て立ち入りを制限されるため苦情もあったそうですが、現在では苦情も少なくなってきているとのこと。
 
立ち入りをした感想としては、4時間位の山歩きでしたが、人に出会うこともなく静かに森の観察をすることができたのはよかったと思います。レクチャーを聴いて事前にいろいろな知見を得られるのも観察の補助になりました。ただ、手続きは面倒ですし、監視されている感じもして、いつもと違う感じも受けました。結果として、登山道の侵食などはあまり見られないようですし、渓流のアマゴなど貴重な生物も回復しつつあるそうです。ウラジロモミ、シラビソ、ヒノキ、ブナ、トチノキ、ミズナラが林冠構成種で、下層はスズタケ、ミヤコザサ、ミヤマシキミ、バイケイソウ、カラマツソウ、カワチブシなどシカが食べない種類が林床に見られ、林床の植生も回復過程にあるようです。
 
icon_syumiya.jpg エコシステムマネジメント室の朱宮です。
 
7月21日~24日、会報『自然保護』9・10月号のユネスコエコパーク特集企画のために、今年3月にユネスコエコパークに登録された大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークを訪問。22日は大台町、23日~24日は奈良県と三重県の県境にある大台ヶ原周辺を視察しました。特に西大台ヶ原は平成19年9月に国立公園の利用調整地区第一号に指定され、運用から8年が経過し現状がどのようになっているか知りたいと思っていました。また、山頂付近に広がるトウヒ林は、伊勢湾台風、ミヤコザサの繁茂、ニホンジカなどの影響により壊滅的な影響を受けたことから環境省による自然再生事業が実施されており、現状が注目されています。
 
大台町は約1万人弱の人口で、9割山林という中山間地です。少子高齢化が進み、若い世代は都会へ出てしまう人口流出が進んでいる地域でもあります。現地では、大台ヶ原・大峯山・大杉谷ユネスコエコパークの事務局を担当している大台町の西出さんに案内をお願いしました。
 
大台町は東西に細長い町で、宮川の集水域をそのまま町のエリアにした形をしています。宮川は清流日本一になるなど、全国の中でもきれいな川として有名ですが、平成16年大雨の際には集落が土石流により流出するなど水害の多い町でもあります。そもそも大台ヶ原周辺は年間降水量が3500mmと全国有数の多雨な地域となっています。その結果、河川周辺は峡谷となっており、断崖や落差のある滝が見られます。周辺は林業が盛んで製材所や森林組合があり、三瀬谷駅の周辺は宮川を使って集材したスギやヒノキの貯木場になっていたようです。現在は役場やショッピングモールなどが建ち、町の中心地になっています。
 
 
20160721oodaigahara1.jpg
平成16年の大雨の際に手前から合流する支流の土石流によって大きな被害にあったが、その後も町民は生活を続けている。
 
 
20160721oodaigahara2.jpg
宮川ダム周辺の六十尋滝
 
 
20160721oodaigahara3.jpg
役場の周辺に設置された森のエコステーション
 
資源ゴミを持ち込むと、ポイントがたまり買い物券を発行してくれます。また、アルミ缶に関してはアルミ缶を持ち込んだ際の自動車の排気量や自宅からの移動距離、燃料(ガソリン、軽油、電気、バイオディーゼル)によって、ポイントが異なり合計ポイントが計算されます。
 
 
20160721oodaigahara4.jpg
神瀬という地区は、ふれあい調査のような地元学を実施した場所であり、大台茶を栽培する地域。集落ビジョンを策定し、茶畑の景観の保存を進めたところです。
 
 
22日のうちに奈良県側に移動し、吉野川沿いの柏木という集落に宿泊しました。
 
後半に続く)
 

小笠原に出張してきました

| トラックバック(0)
 
icon_tsujimura.jpg保護室の辻村です。
 
2016年7月27日から8月1日の行程で小笠原に出張してきました。昨年の12月に続き、日本自然保護協会の理事でもあるアウトドアメーカーのパタゴニアの篠さん、同じくパタゴニアの藤倉さんに同行し、企業や民間団体が今後自然再生事業にどうかかわっていけるのか、またかかわっていくべきなのか、新たな自然再生の枠組みを作れないのかなどの可能性を探っています。
 
7月27日、まずは新しくなったおがさわら丸に乗船しました。これまでの25時間半から24時間と、片道1時間半短縮されました。船内のアメニティは格段に良くなり、長い船旅を過ごすのはだいぶ快適なったと思います。ただ、個人で過ごす時間が良くなった分、船内で知り合いになり人のつながりが広がっていくという以前の船旅の良さは少し薄れてしまうのではとも感じました。
 
同時に以前は、都会の快適さから船での不便さという”鳥居”を時間をかけてくぐることで無意識に別世界へといざなわれていました。船旅の快適さが向上することで、この”鳥居”効果がどうなるのか気になるところです。もちろん、快適さは重要です。その分、世界自然遺産に行くことの意味や、人の移動そのものが新たな外来種の移動のリスクとなることなどのメッセージを、どう自然に意識してもらうようにするのか、新たな課題として考えていく必要があるのではと感じました。
 
現地では、海での保護問題として、マイクロプラスティックがどのくらい砂浜にあるのかの調査を、島民で自然観察指導員でもある宮川典継さんの主導で試行して頂きました。見た目にはわからない(目に見えるサイズではないですから)のですが、ふるい分けをするとかなりの量が砂浜にあることがわかりました。ちょうどウミガメの産卵シーズンの晩期だったので、こうしたごみが海洋生物に与える影響を真剣に考えるべきだと思いました。
 
昨年の12月に見た森林における外来種の現状、今回の砂浜の現状などを踏まえ、プログラムの骨格が見えてきました。来年には実行できるプログラムになるのではと期待しています。
また今回、今までの出張で訪れることがかなわなかったジニービーチ(道がないので、カヤックなどでしか行けません)にも行くことができました。そこの風景や空気、大地に触れることで、自然保護団体の職員として、それ以上に一人の人として、この美しい島の自然と僕の大好きな島の人たちの自然を背景とした心の奥底からの笑顔を、絶対に後世に引き継ぎたいという想いを改めて強く感じました。
 
 
DSC_2627.jpg
新しくなったおがさわら丸の船内
 
DSC_2631.jpg
船内の注意喚起パネル。人の動線から少しはずれている。
 
DSC_2643.jpg
現地での打ち合わせその1
 
DSC_2644.jpg
現地での打ち合わせの様子その2
 
DSC_2646.jpg
ジニービーチ。道がないのでカヤックなどで行くしか方法はない。
 
DSC_2659.jpg
小笠原の夕景。
 

損保ジャパンCSOラーニング制度でNACS-Jでインターンをしている

東邦大学3年、佐川裕次郎です。

 

7/24に「自然しらべ海辺で花しらべ!」の砂浜教室で、神奈川県の三浦半島の三戸浜海岸へスタッフとして出かけてきました。

中田康隆さん(東京大学大学院博士課程)を講師にお迎えして、読売KODOMO新聞の7/7の海岸植物の記事を読んだ15名の親子を参加者に実施しました。

 

海水浴客を横目に砂浜に繁茂する海岸植物に目を向けた参加者は、10種類を超える、たくさんの海岸植物を見ることができました。

また太陽光によって高温になる砂浜でも、陸側から流れてくる地下水と、海水が砂浜の地中に染み込んで湿っていることを、地下に深く伸びた海岸植物の根を観察することで実感しました。

 

海岸植物は、潮風などの影響に耐えるため、葉に毛を生やしたり表面を粗くするといった砂浜独特な形態を持つことなどを、参加者の方と共有できたことは大事だと思いました。 

普段は海水浴を目的として砂浜にやってくるので、海岸植物の存在に気が付かないことがほとんどだと思います。ですが、日頃は見落としていた存在が、実は砂浜の環境を維持していく上で重要な存在であるということをお伝えすることができた、砂浜教室がそんな観察の機会となったように感じました。

 

*ハマゴウや、ネコノシタなどは、いまが見頃。自然しらべにぜひご参加ください!

自然しらべ2016海辺の花しらべ!特設サイトはこちら
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/index.html

 

写真:講師をしてくださった中田康隆さん(右から3人目)。青い花がみごとなハマゴウは、小さいけれど木の仲間。カラカラの暑い砂浜に生えていますが、伸びた根の先は、しっかりと湿った砂に届いていました!

20160727 shirabe.jpg

20160727shirabe2.jpg

 

icon_syumiya.jpg  エコシステムマネジメント室の朱宮です。
 
 
6月24日は綾プロの調整会議でしたが、以前から復元の状態がわかる見本林がほしいという話があったのですが、国有林は町から近い場所に一般の方が見に行けるよい人工林がないため、県有林ではどうかということで、今回2カ所の県有林をメンバーで見ました。
 
近接した2カ所ではありますが、間伐の仕方は異なっていて、1カ所は通常の方法で稚樹を残さず伐採した場合、もう一つはできるだけイチイガシやコジイなど林冠木を残すように間伐を行った場合です。
 
下記に写真を示しました。
県の説明によると口頭説明の段階ではできるだけ後継樹を残すように依頼をしたが、業者によっては技術的に難しいこともあり、このようになってしまったとのこと。稚樹を残さず伐った場所は昨年、残した場所はすでに7年近くが経過していますので、単純な比較はできないのですが、見本林として経過を観察するにはよい対照区になると思います。
 
 
 
20160624aya1.jpg
 
▲見学前に県の担当者から説明
 
 
 
 
20160624aya2.jpg
▲稚樹を残さず間伐した場合
 
 
20160624aya3.jpg
▲稚樹をできるだけ残した場合
 
icon_syumiya.jpg エコシステムマネジメント室の朱宮です。
 
 
6月6日赤谷の森に設置されたほ乳類調査用のセンサーカメラの回収を行いました。前日のうちに猿ヶ京の仁田屋旅館に入り、翌日早朝から赤谷の森に設置された50個近いセンサーカメラの回収及び交換の作業のための準備を行いました。NACS-Jの松井が中心になり学生含め6人で山の中に設置されたセンサーカメラを回収します。2人ペアで3組に分かれて回収に向かいます。
 
私は信州大学の谷川さんと一緒に回収に回りました。最初にセンサーカメラの取り扱いに慣れている平川さんに交換の仕方をレクチャーしてもらい、実際の山に向かうのですが、センサーカメラの設置場所は、GPSの記録と前回の調査票の記録を頼りに探していきます。すぐに発見できたところはよいのですが、しかし、GPSの記録が少しずれている箇所もあり、かつ調査票もコピーが薄くよく見えなかったり、位置がわからず探し回ることもありました。トランシーバーで他の組と状況確認を行いながら安全を確保しながら作業を進めているのですが、時には設置箇所に関して意見を求めることもありました。また、本当にわからない時は東京にいた職員に尋ねることも。
 
センサーカメラは、広くいろいろな場所に設置されているので、すべての回収を終えると夕方になってしまいましたが、無事予定していたセンサーカメラを回収することができました。今回は同行してくれた学生の皆さんにはたいへん感謝です。 
 
 
20160606akaya1.jpg
▲松井、木村ペア 三国峠から大源太山を経て赤谷橋まで山道を歩き通します。出発前の元気な様子6:30頃
 
 
 
20160606akaya2.jpg
▲センサーカメラの設置の仕方をレクチャーする平川さん
 
 
 
20160606akaya3.jpg
▲センサーカメラのセッティングをする谷川さん
 

初めまして! 2016年度の損保ジャパンのラーニング生として日本自然保護協会にてインターンシップをさせていただくことになりました、東邦大学理学部生命圏環境科学科3年の佐川裕次郎です。

20160615shirabe2.jpg

 

大学では、要因が複雑に絡み合い答えが見つかっていない環境問題を取り扱う学科に属していて、生物、地学、化学、物理など幅広く「科学」の視点から考え学んでいます。特に環境問題に含まれる生物多様性の保全について研究するため、大学入学当初から、森、山、海、など多くのフィールドで自然観察を行うことや、里山管理を地域の方々とコミュニケーションを取りながら合意形成を行ってきました。

森、山、海、など多くのフィールドで長期的な管理を行うための管理方法、そして地域の方や管理者の間で行われる活動や企画などで正確に情報発信を行い、皆さんに活動に参加していただく方法について考える日々を送っています。そして、これらのスキルを本格的に自然と人をつなげる社会づくりにつなげていくため、今回、日本自然保護協会にインターン生として学ばせていただくことになりました。

昨日は『自然しらべ2016 海辺で花しらべ!』の全国の方々が送ってくださった調査結果のデータ整理作業を行いました。作業を行うことで、日本全国規模では海岸植物に興味を持っている人が多くいらっしゃることがわかりました。また森林の植物とは違った特徴がたくさん見られるように感じました。

20160616shirabe1.jpg

この海から陸へ移り変わる場所「海岸エコトーン」に繁茂する「海岸植物」を、多くの方が身近に感じていただき、手軽に調べられるように工夫しようと考え、今月から来月にかけて、自然しらべの特設サイト内の「WEB海岸植物図鑑」を作りかえる作業を行うことにしました。より多くの方に海岸植物へ興味を持っていただき、海岸の生態を考えていくきっかけに繋がるとよいと思っています。

今回の自然しらべの作業をするまで、海岸植物に触れることがあまりなかった私にとって、データ整理作業から強い衝撃を受け、同時に世間に浸透させられる可能性を感じました。0.1%、0.001%でも可能性があるならばアプローチの方法次第で自然への見方やあまり保護が進んでいない海辺の自然を守る力に変えていくことは可能だと思います。それを証明するためにも、まずは自然しらべ 2016で、種同定がしやすく興味や関心を得られるよう「WEB海岸植物図鑑」の改良に努めたいと思います。

 

自然しらべ2016 海辺で花しらべ!
http://www.nacsj.or.jp/project/ss2016/

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25

Twitter