日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

市民参加の海岸植物群落調査

Home 自然を調べる 市民参加の海岸植物群落調査

全国初の海岸植物群落の調査結果から海岸管理施策へ提言する。

護岸工事や埋め立てなどで自然海岸が減少し、海岸線の人工化が進んでいます。それとともに、海浜草本群落、塩性湿地群落、海岸低木林、マングローブ林といった海岸独特の植物群落の多くも危機に瀕しています。 この調査は、全国の海岸植物群落の生育実態を把握し、今後その保護にどのように取り組んでいけばよいのかを考えるための基礎データを得ることを目的としています。に行います。調査結果を基に、保護策の検討を行い関係各所に提案するなど、保護への取り組みを進めていきます。

この活動に興味がわいたら

・市民参加の海岸植物群落調査の詳細はプロジェクトページをご覧ください。
・2003-2007年の調査結果の詳細はこちらからご覧いただけます。(別ウインドウ)

・SISPA(戦略的保全地域情報システム)でも詳細な解説がご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ニュース&トピックス 一覧へ