日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

SISPA

戦略的に予防効果のある保全地域情報のシステムを構築する。

自然環境を戦略的に保全するには、後手後手に回らない予防型の保全活動が行えるかどうかにかかっています。 希少種が集中する場所を洗い出したり、重要な自然地域が適切な保護地域に指定されているか、開発計画が立てられていないかを検証することで、どの地域にどんな保全活動を行う必要があるのかを事前にとらえることが必要です。 GIS(地理情報システム)を使い、全国の自然環境や自然保護に関するデータを一元的に把握できるシステム、それがSISPA(戦略的保全地域情報システム)です。

 

ニュース&トピックス 一覧へ