日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

新潟・奥只見猛禽類生息地の保全

Home なくなりそうな自然を守る 新潟・奥只見猛禽類生息地の保全

発電所計画をイヌワシ・クマタカの好繁殖地の視点から見直す。

新潟・只見地域はイヌワシなど猛禽類の重要な生息地です。越後三山只見国定公園の第2種と区別地域に、首都圏への電力供給のための揚水発電所建設計画が進められ、NACS-Jでは山地性大型猛禽類の保全活動のひとつとして、この計画に注目してきました。また、新潟県在住の会員や自然観察指導員の方々から実状の説明と助言が求められ、1997年、すでに実施された環境アセスメント等の資料をもとに検討したところ、猛禽類の生息実態が十分に把握されないまま手続きだけだ進められようとしている状況がわかり、慎重な検討を求める要請書を提出しました。2001年、この計画の見直しが決定されましたが、理由は自然環境保全の観点からではなく、電力需要などの社会情勢の変化によるものとのことでした。

ニュース&トピックス 一覧へ