日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

猛禽類の生息地保全

Home なくなりそうな自然を守る 猛禽類の生息地保全

健全な生態系であることを示す“指標生物”の生息地を保全。

ワシやタカなどの猛禽類は、食物連鎖の頂点に位置し、生態系全体の健全度を示す存在「指標生物」という重要な役割を担ってします。猛禽類は、自然環境の変化を最も受けやすい、生態系では最も弱い生きものなのです。猛禽類を保護するということは、その「種を」を保全するという意義だけでなく、同時にその猛禽が生息する生態系そのものを保護することにもなります。こうした考えからNACS-Jは、開発などの自然破壊問題が起きた際、猛禽類の生息状況を確認し、その地域の生態系全体の保全につなげるために、猛禽類の生息地の保全を訴えてきました。

 

ニュース&トピックス 一覧へ