日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

エネルギー問題

日本の持続可能なエネルギーづくりを目指す。

2011年3月11日の震災以降、再生可能エネルギーへの転換は急務となりました。 NACS-Jでは、福島第一原子力発電所事故を受け、 原子力発電によるエネルギー供給を計画的になくし、 持続可能なエネルギーシステムに転換するべきと考えています。 しかし、再生可能エネルギーの発電所を大規模・多数建設すれば、 その地域の生物多様性は破壊され、持続可能な自然利用は不可能になります。 NACS-Jでは、地域の自然を破壊する恐れのある 大規模な風力、水力、地熱などの発電所建設については、 事業や関連制度などの見直しを求める提案をするとともに、 地域の自然を壊さずに持続可能なエネルギーづくりを 進めていく方法を考えていきます。

ニュース&トピックス 一覧へ