日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

屋久島の自然林の保全

Home 自然を守るしくみをつくる 屋久島の自然林の保全

世界遺産登録後の島の保全管理のあり方を見直す。

屋久島は、1993年に白神山地とともに日本で最初の世界遺産に登録されました。 しかし最近では、観光客の過度な登山道利用による土壌侵食や、ヤクシカによる食害の影響、タヌキなど外来種の影響だけでなく酸性雨、黄砂、温暖化の影響など地球規模での気候変動の影響も指摘されています。

 


残されたスギの自然林をまもる。

屋久島は、九州の南約60kmに位置する面積500km2ほどの島です。海岸の低地部にはシイ・カシ類からなる亜熱帯/暖温帯の照葉樹林、標高1000m以上にはスギ林からなる冷温帯上部の針葉樹林、1700m以上から島の最高峰・宮之浦岳(1936m)まではヤクザサを中心とした高山帯が連続的な垂直分布でみられ、「日本の森林帯の縮図」といわれています。

奥岳とよばれる山岳部には、「縄文杉」で知られる樹齢1000年以上のスギの自然林が広がっています。

屋久島の自然林は、低地部の照葉樹林は薪炭林として、スギ林は江戸時代からヤクスギの平木を年貢として納めていたこともあり古くから利用されてきました。しかし1950年代後半からの拡大造林政策に基づく国有林の急速な伐採で島の約5分の1が人工林になり、貴重なスギ林が減少したことから地元の住民を中心とした粘り強い保護運動が起こりました。

すでに山頂部周辺が天然記念物(1924年)に指定されていましたが、その後、特に奥岳周辺を中心に国立公園(1964年)、原生自然環境保全地域(1975年国立公園から振り替え)、生物圏保存地域(1981年)、森林生態系保護地域(1992年)に指定され、1993年には世界遺産に登録されました。

 


世界遺産地域の保全管理システムを構築。

NACS-Jは、2006~08年の3年間、「屋久島の世界遺産地域における生態系の動態把握と保全管理手法に関する調査」(環境省委託)を行いました。これは、気象観測、地形・地質、植生、動物(ほ乳類、昆虫類)について調べ、統合的に解析することによって、相互の要因を明らかにするというものです。

 

特に、ヤクシカについては、はじめて本格的な全島調査が同時期に行われ、自然林にシカの分布が集中している傾向が明らかになりました。

屋久島の生態系の保全管理にあたっては、

1.増えすぎたシカを集落の周辺部でだけ駆除するという単発的・緊急避難的な対策だけでなく、屋久島町が統一的な方法で被害防止対策を実施する

2.増えすぎた人工林を自然林に復元する

など、屋久島全体の土地利用計画を改めて見直す必要があると考えられました。
2009年6月には、第1回屋久島世界遺産科学委員会が開かれました。屋久島ではこれまでもさまざまな分野の研究者による調査が行われてきましたが、今後、適切に屋久島・世界遺産地域の保全管理を進めていくためには、順応的な保全管理システム、すなわちインベントリー(目録づくり)、モニタリング(監視)、診断、保全対策といったプロセスをシステムとして確立していく必要があると思います。

NACS-Jは、原生自然環境保全地域における調査結果や今回の調査結果をこうした保全管理手法の検討に役立てていきたいと考えています。

 

ニュース&トピックス 一覧へ