日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

IUCN日本委員会

世界最大の自然保護連合に加盟する日本の団体のネットワーク。

IUCN(国際自然保護連合)は、国・各国の省庁・NGOなどを会員とする世界最大の自然保護の連合体です。 2009年7月現在の会員数は140以上の国から1143団体。NACS-Jは1960年に入会、世界でも最も早く会員になった自然保護団体のひとつです。 IUCNには、生物多様性の保護に取り組む世界中の専門家からなる6つの委員会、1)「種の保存」委員会、2)教育コミュニケーション委員会、3)環境法委員会、4)環境経済社会政策委員会、5)世界保護地域委員会、6)生態系管理委員会が組織され、自然保護に関する情報の収集、統合、管理、知識の共有といったIUCNの核となる活動に貢献しています。 IUCNの正式な国内委員会である「IUCN日本委員会」は、1988年からNACS-Jが事務局を担当しています。

 

IUCN日本委員会 専用サイト 

http://www.iucn.jp/

ニュース&トピックス 一覧へ