日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然観察会・環境教育

Home 自然を知って楽しく伝えよう 自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 【自然のちからニュース】「食と自然保護」をテーマにNTTグループと初めての連携企画を開催。多くの皆さまにご参加いただきました!

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る

2017.04.14

【自然のちからニュース】「食と自然保護」をテーマにNTTグループと初めての連携企画を開催。多くの皆さまにご参加いただきました!

日本自然保護協会(以下、NACS-J)は、現在、草原を守りオオルリシジミやウスイロヒョウモンモドキなどの希少なチョウの絶滅を食い止める活動に力をいれています。去る2月24日、「食と自然保護」をテーマにしたイベント「~食べて守る生物多様性~ オオルリシジミとあか牛の秘密の関係」をNTTグループと開催しました。たくさんの皆様にご参加いただき、あか牛を美味しくいただきながら、阿蘇の草原環境や絶滅危惧種のチョウ、オオルリシジミの保全の大切さを考えました。

企業の皆様とも積極的に連携・協力して、自然保護や生物多様性の保全に力をいれているNACS-Jは、この度、「食と自然」をテーマに、NTTグループとの初コラボ企画「~食べて守る生物多様性~ オオルリシジミとあか牛の秘密の関係」をABC Cooking Studio 丸の内グラウンド(東京都千代田区)で開催しました。

食べて守る生物多様性?!という異色のテーマにご参加いただいた皆様は興味深々・・・美味しいあか牛のメニューを召し上がっていただく前に、まずは阿蘇の自然環境が人々のくらしと深く関係して維持されていることなどを環境省の岡野隆宏さんを講師にお迎えしてレクチャーいただきました。

つづいて、阿蘇の草原にくらす絶滅危惧種のチョウ、オオルリシジミとあか牛の関係について帝京科学大学の江田慧子先生より絵本の読み語りも交えて詳しくお話しいただきました。
阿蘇の草原を舞台に繰り広げられるあか牛とオオルリシジミの絶妙な生態系のバランスを学んだところで・・・いよいよあか牛を使って家庭でも手軽につくれるメニューのレシピ紹介!

ABCクッキングスタジオの講師が手際よく調理をしながら分かりやすく解説。今回活用したあか牛はもちろん、お野菜もほとんどが熊本から届いた草原と関係の深い食材です。

そしてそして、お待ちかねの試食タイム!!阿蘇の草原で深い関係性をもってくらしているあか牛とオオルリシジミに思いを馳せながらの食事となりました。

ご参加いただいた皆様からも「あか牛とオオルリシジミの関係におどろきました」「阿蘇の草原へいってみたくなった」など、たくさんのあたたかいご感想をいただきました。

今回の企画では、NTTグループの皆様をはじめ、環境省、帝京科学大学、そして阿蘇の皆様からも多大なるご協力をいただきました。本当にどうもありがとうございました。

※今回、ご協力くださった皆様のウェブサイトです。

・NTTグループ
http://www.ntt.co.jp/

・ABC Cooking Studio
https://www.abc-cooking.co.jp/

・環境省
http://www.env.go.jp/

・帝京科学大学
http://www.ntu.ac.jp/

・南阿蘇ビジターセンター
http://www.minamiaso-vc.go.jp/

・阿蘇草原保全活動センター
http://aso-sougencenter.jp/

・あか牛の館
http://aso-kugino.jp/

 
公益財団法人 日本自然保護協会
自然のちから推進室 担当:三好、岩橋
TEL:03-3553-4101 Mail : shizen@nacsj.or.jp

自然観察会・環境教育 ニュース&トピックス 一覧に戻る