DSC_0288s.jpg

 新治小PTAと赤谷プロジェクトは、昨年から「新治小、未来へつづく森づくり」として、赤谷の森の自然林の復元をともに進めています。今回はいきもの村に約70名の親子が集まり作業を行いました。

 9月4日(月)赤谷の森の相俣地区の国有林で赤谷森林ふれあい推進センターが主催する皮むき間伐体験会が行われました。みなかみ町内の方が13名参加しました。

皮むきはスギやヒノキの皮をむき立ったまま枯らすことで、伐採時の運搬が容易になるため一般の市民でも担うことができると期待されており、森の手入れが進まない民有林などでの活用が期待されています。

最初に、命をいただくということで酒とお米、お塩でお祈りをささげました。実際の作業は、手鎌と竹べらだけで意外にも簡単に皮がむけ、最後みんなで「きらめき!」と一斉に声を発して一気に皮をむき上げる瞬間はちょっとした爽快感がありました。

きらめき.jpg

 今、ニホンジカ(以下、シカ)は、全国で分布域を急速に広げ、高密度に生息する地域では、農林業被害に加え、自然林の世代交代を妨げ、土壌の流出を引き起こすなど、生態系や生物多様性の保全上大きな脅威となっています。シカによる環境への影響は被害が大きくなってからでは元の状態に回復させることは難しく、被害が少ない低密度で生息する段階での対策が求められます。しかし、低密度でのシカの管理・捕獲技術は未確立で、ほとんど実施されていません。

 赤谷プロジェクトエリアでも、低密度ながらシカは着実に増加してきたため、全国に先駆け、低密度でのシカ対策を始めました。今年6月に鉱塩(塩のかたまり)を用いたシカの誘引を開始。実際に誘引されている様子がセンサーカメラで確認されています。こうして集まったシカを、高い技能をもった射手が一回で全頭狙撃し捕獲する「シャープシューティング」を秋に実施する予定です。先駆的なシカの低密度管理の成果を全国へ発信し、各地の森林生態系管理へ波及させることを目指しています。

 

yuuin_deer.JPG

鉱塩に集まったシカ。集まったシカを1度に全頭仕留め、狙撃に対して高い警戒心を持ったシカをつくらないようにするのがシャープシューティングのポイント。

赤谷プロジェクトフィールドが位置するみなかみ町が、
「自然保護と持続可能な利用を考え、 自然と人間とお互い関係構築を目指した地域」としてユネスコエコパーク(生物圏保存地域/BR)に登録が承認され、国内9つ目エコパークとして「みなかみユネスコエコパーク」が生まれました。
 赤谷プロジェクトとしてもエコパークと連携し、取り組みを進めていきたいと考えています。引き続き、みなさまのご協力をお願いいたします。
 (参考:イヌワシが暮らすまち 「みなかみユネスコエコパーク」誕生!
 
 
 
DSC_0013_19.JPG

 

6/4は、みなかみ町たくみの里で田植え。
凍えるほどの寒さの中、多くの方にご協力いただきました!ありがとうございました!

この田植えも赤谷プロジェクトです。
赤谷の森で育まれた水は、麓のたくみの里でお米になり、利根川で繋がる水と、人で繋がるお米が、千葉県神崎町の酒蔵『寺田本家』でお酒になります!
多様な動植物がくらす豊かな森づくりの意義を多くの人に知って欲しいという思いと、地元の里山の自然と景観を守りたいという思い、遠く離れた水源の森を大切する酒蔵の思い、そして、美味しいお酒を呑みたいという思いが繋がりました。
この活動にご興味ある方は事務局までご連絡下さい。草取り、収穫作業をご案内できます!

 

 

RIMG4406.JPG

あと半月ほどですが五月末まで上毛高原駅に赤谷プロジェクトの展示を出しています。もし上毛高原にお立ち寄りの方がいらっしゃればぜひ見に来てください

jyoumoukougentenji.jpgのサムネール画像

 

akayaカフェ2.jpg
知っていそうで、知らないような、“森” をテーマに、その道の専門家と、お茶を片手に楽しく語り合う場が「akayaカフェ」です。
 
2017年最初のakayaカフェは「草木染め」。
奥利根の巨木として知られていた『ブナ太郎』。立ち枯れてしまったため、2015年に惜しまれながら伐採されました。今回はその『ブナ太郎』を染料として利用して、草木染めの体験を行います。「森の恵み」を感じる新たな手法として、草木染めを楽しみましょう!
 
akayacafe170305_kusakizome.jpg  山崎杜人さん(草木屋)

「キズナ」

| コメント(0) | トラックバック(0)

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、赤谷の森で7年振りにイヌワシが子育てに成功し、赤谷プロジェクトをご支援頂いている多くの方々と喜びを共有できたことはとてもうれしいことでした。地元、新治小学校の生徒たちもとても喜んでいて、巣立った幼鳥の名前を全校生徒から募集して投票の結果、”キズナ”と名付けてくれました。

2017年も、生物多様性の復元と持続的な地域づくりをより一層進める1年にしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

akaya_J161225.jpg

2016年に赤谷の森で7年振りに巣立ったイヌワシの幼鳥“キズナ”♂

akayaカフェ2.jpg
 知っていそうで、知らないような、“森” をテーマに、その道の専門家と、お茶を片手に楽しく語り合う場が「akayaカフェ」です。
 
 今回、千葉県神崎町で300年以上の歴史をもつ酒蔵「寺田本家」から24代目当主の寺田優さんをお迎えして、寺田本家の酒造りから、自然の恵みのいかしかたを学ぶ機会としました。
 寺田本家 http://www.teradahonke.co.jp/
 
161108_DSC_0319s.jpg
 

今年、赤谷の森のイヌワシのつがいが7年ぶりに子育てに成功しました!
この機会に、イヌワシと森のことを多くの方に楽しく知ってもらうためのWEBサイト“イヌワシタイムズ”をはじめました。ぜひご覧下さい!

イヌワシタイムズ http://www.nacsj.or.jp/inuwashi-times/

inuwashi-times_start.jpgのサムネール画像