日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

自然の守り手を増やす

Home 主な活動 自然の守り手を増やす 記事一覧 2016年度最後の自然観察指導員講習会を東京都八王子市で開催しました!

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る

2017.04.01(2017.04.07 更新)

2016年度最後の自然観察指導員講習会を東京都八王子市で開催しました!

イベント報告

専門度:専門度1

指導員10人衆誕生!

テーマ:環境教育

フィールド:東京

3月21日~22日、今年度最後の自然観察指導員講習会を東京都八王子市で開催しました。今回で3回目の平日開催は、参加者60名のうち約4割の方が平日でないと参加は難しかったと答えていて、大学生や自然に関わる職業の方が多い回となりました。

 

▲桜の花も良く見てみると・・!

 

▲ここで観察会をはじめます!

「自然との関わり方やとらえ方を学びたい」「自然観察のスキルを向上させたい」「人脈を広めたい」、多くの方が熱い思いでこの講習会に参加されていましたが、その熱い思いに応えるべく、講習会を支えてくれたのが10名のボランティアスタッフです。事前の下見と打ち合わせ、当日朝早くからの会場準備、講義や実習中の補助はもちろん、懇親会の準備や片付けなど、ここには書ききれないほどの役割を担っていただきました。

そして、何と10名の内3人が昨年の11月に同じ会場で受講した人達でした。「指導員になって4か月あまり、まだ何も出来ていないのでもう一度初心に戻りたい」「受講生の気持ちがすごく分かるので支えになりたい」などの思いからスタッフに加わってくれました。他のスタッフも経験の有無は様々でしたが、無事に講習会を終えての感想では、「以前受講した時のことを思い出した。触発された」「受講生も自分もやりたいことをやろうとしての第一歩、ここから頑張りたい」「人の出会いなど、一期一会を実感できた」といった声があがりました。受講生からもスタッフの仕事ぶりに対する感謝や驚きの声がたくさん寄せられました。

 

観察会を開くことも自然を守ることも、人と人とのつながりがなくてはなかなか前に進められません。今回の講習会では、新しく指導員を目指す人達の思いとそれを支える人達の思いがしっかりと結びついていることを実感させられるものとなりました。

指導員となった皆さん、まずは身近な先輩指導員に声を掛けて活動の幅を広げていってはいかがですか。きっと支えになってもらえると思います。

今後も平日開催やボランティアスタッフの公募など、様々な要望に添う講習会の実施を目指していきたいと考えています。

指導員講習会について、詳しくは以下URLよりご覧ください

http://www.nacsj.or.jp/katsudo/shidoin/

 

 

この記事のタグ

自然の守り手を増やす 一覧へ戻る